人気ブログランキング |

世の中の不条理に一言、
by tomahawk_attack
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
気になるニュース
雑感
マイライフ
ガーデニング
未分類
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
お気に入りブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

差別語を改名。。。

日本魚類学会(松浦啓一会長)は1日、差別的な言葉を含んだ日本産魚類32種類の標準和名を改名したと発表した。 差別語を使った標準和名はほかの動植物にもあるが、学会として網羅的に改名したのは初めて。今回改名したのは日本産魚類約3900種のうち、バカ、イザリ、メクラ、セッパリなど、同学会が差別的と判断した九つの語を含む魚32種。例えば「メクラウナギ」は「ホソヌタウナギ」に、「ミツクチゲンゲ」は「ウサゲンゲ」と改名された。同じ言葉が「種」より上位の「属」「科」などの分類単位に使われている例も19例あり、これらも改名した。(2007年2月1日19時30分 読売新聞)

学会のHPにも訪れたが、この世には、いろんな差別名のついた魚が有るもんである。。。

ただ気が付いたのだが、「ウマヅラはぎ」が、どこ探しても見当たらない。「ウマヅラ」は差別用語ではないというのか??確かに「藤田まこと」や「円楽」などは「ウマヅラ」で売っているが。。。

ウ~ム。。。いったい何を基準に決めたのか?。。。
# by tomahawk_attack | 2007-02-01 22:53 | 気になるニュース

揺れるタイ国。。。

タイの首都バンコク中心部で31日夕、ショッピングセンターなど6か所でほぼ同時に爆発が起き、タイ警察によると、少なくとも男性2人が死亡、20人以上が重軽傷を負った。 犯行声明などは出ていないが、同時テロと見られ、タイ警察は市内で爆発物を所持していた男1人を拘束した。2006年9月のクーデター後初めての大規模な爆弾事件となり、スラユット暫定首相は警察や軍にバンコクの警備強化を要請した。 (2007年1月1日0時32分 読売新聞)

日本の企業も大挙して進出しているタイだが、クーデターによる政権転覆の後遺症は未だ癒えていないようだ。同時多発テロの背景には、かなりの組織的動きを感じさせる。やはり何が起こっても不思議はない状況に有ったのだ。この国の群雲は、まだまだ晴れそうにない。楽観は禁物である。。。

それにしても、国王の威光が強い事で知られるタイだが、非合法で奪取した政権を、心から歓迎する国民が、果たして?どれ程いるのであろう?いくら国王のOKが出されようと?クーデターによるシャットダウンで強制終了された旧政権側からすれば?そんな事で、あっさり納得が出来ようハズもない。ましてや旧政権下の「利権」を剥奪された者たちの「怒りはイカばかりか?想像に余りある。如何に問題あった政権とは言え?今日の有り様は、明らかに異常であり、正しき民政の「復活」が何よりも急がれるところだ。またそう有るべきである。。。

そこで改めて感じるのは?当時、如何に国内の混乱を早期に鎮める目的があったとは言え?クーデター首謀者に「お墨付き」を与える国王の判断は、果たして懸命なる策であったのだろうか?非難するつもりはないが、私的には今もって疑問は残る。。。

どうか。今年は穏やかなる一年であって欲しい。。。。
# by tomahawk_attack | 2007-01-01 23:43 | 気になるニュース

007も、まっ青な「毒盛り?」に呆れる。。。。

ロシアのガイダル元第一副首相が訪問先のアイルランドで体調を崩し、毒を盛られた疑いが浮上している問題で、アイルランド警察は30日、捜査を開始した。1日付の英タイムズ紙は、ロンドンで死亡した元国家保安委員会(KGB)スパイのアレクサンドル・リトビネンコ氏が体調を崩した11月1日に会ったロシア人がガイダル元副首相の警備員を務めたことがあると報じ、2つの事件の関連性を示唆した。 ガイダル元副首相は24日にダブリン郊外の大学で開かれた著書に関する会議の後に嘔吐(おうと)して倒れ、一時は意識不明になった。リトビネンコ氏は前日の23日にロンドンで体内に入った放射性物質「ポロニウム210」が原因で死亡している。 【日本経済新聞社 NIKKEI NET 更新:2006/12/01 14:01】

本日、封切りになったイアン・フレミング作、マーティン・キャンベル監督の「007。カジノロワイヤル」を見て来た。ダニエル・クレイグ氏の演ずる6代目ボンドは、これまでの「007シリーズ」に見るスパイ映画特有の、アクションに、華やかさとエロスを織り混せた娯楽性溢れる役柄から?今回は、一転して「硬派」のイメージが強い役柄に仕上げられていた(私的には、ロジャアムーアが好きだったが)。。。

スパイといえば?かって米ソ冷戦時代は、国家間のプライドと覇権を賭けて、裏の舞台での壮絶なる「バトル」が繰り広げられていたとされる。しかし冷戦が終結した現代では、彼らの役割も様変わりしつつあるようだ。その一つには、与えられるミッションが「テロリスト」との戦いに移りつつあるらしい。更には、軍事転用可能な最先端技術を持つ各国の企業から、極秘裏に技術を盗み出す「産業スパイ」的な任務になりつつあるとの指摘もある。。。

そんな中、今回、イギリスに亡命中に、何者かに「毒殺されたのではないか?」との疑惑がもたれている元ロシア連邦保安局(FSB)のリトビネンコ氏の生前の動向から、知られざるロシアの諜報局が深く拘わっている可能性が疑われている。それゆえKGB出身のプーチン大統領の「危なっかしさ」が、なんとも気にかかるところである。。。

だがイギリスは、この事件を、極めて慎重に捜査している様である。どの報道を見ても?プーチン政権との直接的な「拘わり」の言及を控えている。思えばイギリスにも「007」で有名になった「MI6」なる諜報局が存在する。おそらくは「お互い様」の事として?深く突っ込める立場に無いのかもしれない。ことによると?表向きとは別に、既に当局同士で片目をつぶり合っている可能性もある。ともあれ普段、私達が映画でしか目にする事が出来ない「諜報部員」たちの知られざる生態が、事件を通して、垣間見れた事は、良くも悪くも興味深き事であり、驚きを隠せない。。。

それにしても「邪魔者は消せ」的な「やり方」は、あの北朝鮮や、マフィアの「やり方」となんら変わらないと言える。しかも?昨今のプーチン政権は、彼が就任した当時から比べると?随分と傲慢な姿勢に変わっているのが?少々気にかかるところだ(日本とのガス田開発。相次ぐ漁船の拿捕etcを見ても)。。。

おそらく大体の方々は「プーチン」より、「ゴルビー」に好感を寄せているのではないだろうか?しかも個人的には、プーチン大統領の?あのKGB仕込みの?「猜疑心」旺盛な「目付き」には些か好感が持てないが、日本の「外交スタンス」としては?例えプーチンがどうであれ?ロシアとは、中国以上に、密接に付き合うべき存在と考えられる。それゆえ両国の関係改善が「急がれている」事には、まったくの無論である。その意味で、有り得ない事とは思いつつも?私的には、愛すべき、あの「ゴルビー」の復権を、是非とも期待したいところである。。。。
# by tomahawk_attack | 2006-12-02 00:02 | 気になるニュース

タフな人間に育って欲しい。。。。

法務省は31日、「『いじめ』問題相談強化週間」(23~29日)中、全国の法務局に通常時の20倍以上に当たる計647件のいじめに関する相談が寄せられたことを明らかにした。 (2006年10月31日21時8分 読売新聞)

数値管理が進行する社会に有って、ストレスの高まりから、フラストレーションは否が応でも増えて来る。それに呼応するかの様に?全国の市町村による2005年度の児童虐待の相談が3万8183件に増えているという。今や殺人や強盗などの凶悪犯罪も増加傾向に有り、社会不安が高まっている。子供たちの間に「イジメ」が増えている事も、これらの事実と無縁とは思えない。物がなかった時代と違い、今はお金さえ出せば?街で幾らでも物が手に入る。一方で生活水準の格差は広がっているという。持てるものと、持たざるもの。当然、子供たちの世界にもフラストレーションは高まっている。それらがイジメや虐待を加速させている背景と見る。しかしながら?理由がどうあれ、憎むべき卑劣なイジメや虐待を容認出来るハズはない。それは誰しも同じ思いであろう。ただ悩ましいのは?何処までが「ふざけ合い」で?何処からが「イジメ」とするか?など、感じ方も個人差が有るだけに?その判断は難しい。。。

子供たちに分かって欲しいのは?学校もまた社会の縮図であり、社会に出れば?出たなりに?別なる「イジメ」も付いて回る。パワハラもある。この構図が極端に変わる事などは考えるべきではない。月並みになるが?人生の中で、自分の位置を、何処に置きたいか?は自分で決めるしかない。その為には、今何をすべきなのか?を、親も教師も子供たちに教えるべきだ。学生の頃から「逃げ癖」を付けるとなると??今後、人生の中で、余ほどのドラマでも生じない限り、この「流れ」から抜け出せない。そもそも人生を送る上で?思い通りに事が進むなどは?それほど多く有るものではない。それは今も昔も同じだ。その中で努力しながら?自分らしい「生き長らえ方(処世術)」を見出すしかない。その為には学生生活で「耐える」事を学ぶのも必修と考える。それが社会に出た時の「適応力」を養う事にもつながる。物議をかもしたNTBの「女王の教室」で、担任教師の「真矢」は世の中の厳しい現実と立ち向かう「覚悟」を子供たちに教えていた。。。 

とは言え「人生は糾える縄の如し」という言葉も有る。厳しい現実を自覚しつつ、悪い事の先には?良い事も巡ってくると信じ、子供たちには頑張って欲しい。厳しい戦国を生き抜いた徳川家康の生き方が、暗にそれを示唆している。「自殺」は問題から「尻尾を巻いて」逃げる事に等しい。色んな見方があるが、以前、NHKのドラマに登場した人物が口癖だった「人生は生きてるだけで丸儲け?」というのが?私の中では、妙に印象に残っている。自殺は絶対に止めてもらいたい。。。。 
# by tomahawk_attack | 2006-11-01 11:51 | 気になるニュース

人の命は「クマ」より重い。。。

1日午前10時15分ごろ、新潟県南魚沼市六日町の住宅街近くの休耕田で、地元猟友会のメンバーで、同市欠之上、農業山口冨美雄さん(62)がクマに襲われ、顔に重傷を負った。クマは約1時間後に猟友会のほかのメンバーに射殺された。 南魚沼署の調べによると、現場は高さ約2メートルのカヤが生い茂った約1000平方メートルの休耕田。前日9月30日に周辺でクマの目撃情報があり、同署や市、猟友会で警戒していた。山口さんは茂みでクマを探していたところ、突然現れたクマに襲われた。クマは体長140センチ、体重110キロの雄のツキノワグマ。 (2006年10月1日20時5分 読売新聞)

今年もクマの出没が全国で相次いでおり、既に多くの罪なき方々が犠牲になっておられる。今回は「米どこ」として有名な新潟県南魚沼市の農家がクマに襲われた。体長140センチ、体重110キロ。。。ウ~ム。相当デカイ。。。

この辺りは、それでなくとも?「大地震」に続き、続け様に「豪雪」の被害も受けるなど、およそ「お気の毒」な地域である。その魚沼で今度は「クマ」被害である。今回、被害に逢われた農家の方は「顔」に重傷を負われる怪我をされているとか?心配される。。。

あの鋭い爪を持つクマに、頬を叩かれると?頬の肉が、そっくり剥ぎ取られてしまうという話も聞く。そうなったら?ゾンビのように顔面「血だるま」状態だ。考えただけでも?空恐ろしい。。。

腹立たしいのは、動物愛護団体など?彼らは、凡そ襲われる心配の無いところで?呑気に勝手な事を叫んでいる。被害に遭った全国の犠牲者たちの気持ちを思いやる事など?カケラほども見せない。余りに身勝手であり失礼すぎるものである。。。

もっと?クマに怯える地域の人達の気持ちに立つべきである。私的には、少なくとも人里に下りて来たクマや猿は、例外なく処分するのがスジだと考えている。。山に「ブナの実」が不足しているかどうか?など関係ない。まず、人の命は「クマ」より重いという前提に立って、全てを判断すべきである。。。

全国の自治体には、どうか、その方向で対処して頂きたいと願う。。。。
# by tomahawk_attack | 2006-10-01 21:37 | 気になるニュース

いと哀れ。。。。

2日午前10時ごろ、神奈川県座間市東原、無職八木四郎さん(90)方で、四郎さんが居間にうつぶせで倒れているのを、119番通報で駆けつけた消防署員が発見した。 座間署は、室内にいた妻ツルノ容疑者(86)が「胸を刺し、口をふさいだ」と認めたため、殺人容疑で緊急逮捕した。 調べによると、ツルノ容疑者は同日午前4時ごろ、自宅1階の居間で、四郎さんの胸を千枚通しで突き刺し、ビニール袋で口と鼻をふさいで殺害した疑い。 四郎さんは認知症の症状が少し出ていたといい、調べに対し、ツルノ容疑者は「(夫婦で耳が聞こえにくくなり)大声で話すうちに、よくけんかになり、暴力も受けた。疲れた」などと供述しているという。 夫婦は2人暮らし。同じ敷地内の別棟の家族らが、家の中の様子がおかしいことなどから通報した。 (2006年9月2日23時11分 読売新聞)

老々介護。。。。

長年に渡る疲労の蓄積と、先の見えない閉塞感から?感極まり、発作的行動に出てしまったものと推察する。まったく「気の毒な」お年寄りだ。。。

耳が遠くなってくれば?当然、声もデカクなろう。それもお互いにとなれば?尚更のこと。当然、意思の疎通が出来なくなれば?「ストレス過剰」になる事はムリなき事である。。。

このところ巷に溢れる「分からず屋」の「バカ年寄り」が横行する中で、そういう「タコ老人」は「放って置く」に限るとしても、それに引き換え?こういう哀れな「お年寄り」は、是可否でも「お助け」したくなる。。。

二人とも、年が年だから?片方が倒れれば?それこそ「後追い」になる事も予想される。それで無くとも?今回の精神的ショックから「痴呆」に向かうことが心配される。。。

今後、更なる調べが進まないと?安易な「結論」は出せないが?仮に報道の通りあれば?裁判官も鬼ではない。寛大なる「ご裁可」も考えられる。。。

老々介護。。この難しい問題に対し、次なる政権も、小泉さん同様、ひるむ事無く、果敢に取り組んで頂きたい。。。。
# by tomahawk_attack | 2006-09-03 18:23 | 気になるニュース

期待をする父。期待に答えようとする子。。。。

奈良県田原本町の自宅に放火し、母子3人を死亡させた高校1年になる長男の父親が先ごろ手記を発表した。それに依れば、少年が医師にさせたいとする父親からの繰り返しによる「執拗な暴力」と、厳しい「勉強漬け」に絶えかねて、発作的に犯行に及んだ様子が記されている。。子供への期待は、どの親にもある。またそれ自体は罪ではないハズだ。むしろ有って当然の親の愛である。我が子なんだから。。だが過剰な期待は良くない。。。

現実的にも家の生業を絶やさぬ事での苦しんでいる家族も多い。。寺の住職。農家や漁師の「跡取り」などなど。。時代に置き去りにされた多くの生業とそれに携わる職人たち。。彼らの後継者確保も深刻だ。。奈良の事件が、親子の「在り方」に一石を投じた事は間違いないが、親子の「在り方」をもう一度考えて見てはどうだろう。。私達も深く戒めたい。。。

折りしも昨夜繰り広げられた亀田親子によるボクシングの世界タイトル戦。。疑惑の残る判定で辛くもタイトル奪取に成功する。。しかし後味の悪さは否めない。KOに依るスカッとした勝ち方ではなく、大方が「負けた」と感じた試合の「判定勝ち」。。これにはボクシングファンならずとも?がっかりだろう。。そんな亀田興毅もオヤジの期待と厳しい訓練に耐えての成果だった。。。

同じ様に、オリンピックで活躍したレスリングの浜田親子。スケートで金メダルを獲得した荒川静香選手。。女子ゴルフでは横峯さくら親子。。MBLのイチローも親子二人三脚での歩みが、つとに有名である。。父と子。。期待する側とされる側。。功なり名を遂げた人たちの多くは、親の厳しい愛と期待に育まれて掴んだ栄光も多い。。。

私的には「子育て」は、子供も一個の独立した固体であると理解し、小さい頃は兎も角も、一定の年齢になれば?期待は有っても?拘束するまでする権利まではないと承知している。。
それ故。成人になるまでは親の責任として、本人が希望すれば?出来る限りの教育は積ませてあげたい。また本人へのその説得もする。。たが?「押し付けまではしない」と決めている。。教育は本人が「その気」にならねば?難しいのも現実。。親としては、子供の才能に合わせて、如何に「やる気」を起こさせ?「能力開発」に道を付けてやるか?しかない。。。

あとはその子の「運命力」に尽きる。。。
# by tomahawk_attack | 2006-08-03 11:26 | 気になるニュース

驕れる者久しからず。。。。

632億円の負債を抱え、財政再建団体入りを決めた北海道夕張市が、前年同期を上回る平均75万5000円の夏季期末勤勉手当(ボーナス)を職員に支給していたことが分かった。 支給されたのは6月15日。昨年8月の人事院勧告に基づき国家公務員の期末手当が改定されたことに準じ、夏季は前年より0・025か月分引き上げ、職員平均7000円が増額された。支給額を引き下げるには、支給基準日の6月1日前に条例改正が必要だが、市は破たん寸前の財政状況を認識しながら、支給を決めていた。 職員労組側は「2004年度から3か年で基本給を2~5%減額しており、夏冬合わせた今年度の期末手当支給額は、昨年度より減る」としている。 (2006年7月1日12時38分 読売新聞)

次年度より?「氷河期」に突入する夕張市。それを見越して?ついに「最後っ屁」にでたか?。。。

一時は「夕張メロン」のブランド化が成功し「絶頂期」を経験している夕張市。舞い上がってしまったのだろう?。。斜陽とされていた炭鉱の町「夕張」が、突如、メロンで全国に名を轟かす事になったのだから?これまた無理も無いと言えば?無理も無い。。。

当時(今から15年以上前)。多くの食品メーカーが、様々なメロン関連商品の製品化に向け、挙って夕張市を訪れブランド使用の打診を試みていた。。当時、その受け皿として全面に立っていたのが?確か「夕張農協」だったと記憶する。彼らは、その自信ゆえと思われるが?その鼻息の荒さは並みでは無かった。当時から?ロイヤリティを始め、様々な厳しい要求を余儀なくされた交渉に、イラダチを隠せないメーカーも少なからず有ったとされる。。。

それでも「夕張ブラン」ドを活かした製品造りの実現を目指す為、敢えて私情を殺した交渉をせざるを得なかったのだから??今、考えても当時の「夕張メロン」が、如何に「ブランド力」が有ったか?が忍ばれるというもの。。まさに「地域ブランド」の成功を欲しいままにした「夕張市」であった。。。

ところが結果として?記事にある通りの「財政再建団体」に陥るまでに落ち込んでしまうのである。。そこには多分。成功に酔いしれて傲慢になり過ぎた姿が有ったものと考えられる。その頃から「放漫財政」が始まったのではないか?と想像に難くない。。そして今回。「最後っ屁」のような?破格の?ボーナス支給。。ここにも?「財政再建団体」に陥落した原因が見て取れないか?。。。

それこそ、多くの「成功者」が陥りやすい「ゴーマニズム」。。もっと早くから気付いて入れば?恐らく、こんな事には成らなかっただろうに??と悔まれるところだが。。夕張市には、是非とも「勝って兜の緒を締めて」欲しかった。。まったく残念に思う。。。

それにしても?国内旅行の北海道より安い海外旅行が数多くある中では、ある程度は予想された事態ではあったが、北海道に対する国民の関心が今ひとつ盛り上っていない。しかもバブル後、相次ぐ「地元金融機関」の破綻は、北海道の経済を一段と冷やした。。私も一昨年。家族を連れて観光で、ぐるっと廻って来たが、札幌以外、地方のサビレ方が、特に凄いもんだった。話には聞いていたが、確かに、閉鎖している多くの観光ホテルを目の当たりにすると北海道経済の惨状が良く見て取れる。。。

今後は、アジアからの観光客招致などを、もっと積極的に取り組むなどし?早く経済に明るさを取り戻されん事を願ってやまない。頑張れ!中川大臣!。。。。
# by tomahawk_attack | 2006-07-01 23:41 | 気になるニュース

潜在意識を侮るのは危険だ。。。。

奈良県橿原市の市立八木中学校の男性教諭(44)が理科の授業で「圧力」の説明をする際に「赤ちゃんの頭蓋(ずがい)骨を押せば殺せる」などと発言していたことが1日、分かった。 市教育委員会は、事実を確認した上で処分を検討する方針。同校の松田良司校長は「命の大切さを教える立場の教諭の発言としてショックを受けた。生徒に誠に申し訳なく思う」と話している。 同校によると、男性教諭は5月30日の授業で、3年生の1クラス約40人に、物を押すと必ず変形するという仕組みについて説明。その際「例えば生まれたばかりの赤ちゃんの頭蓋骨はつながっていないので、ここを押したり、針を刺したりすると殺すことができる」などと発言した。 生徒の保護者が31日、同校と市教委に抗議。松田校長が教諭から事情を聴くと「押すと死んでしまうと言うつもりで、『殺せる』という表現をしてしまったかもしれない。不適切な例を出してしまった。申し訳ない」と話したという。 (産業経済新聞社 Sankei Web 06/01 09:24)

日頃から興味を持っていた潜在意識が、気の緩みも手伝って出て来たものと考えられる。無意識に出ているだけに注目だ。昔から『うっかり発言には本音が隠されている』と言うではないか。怖い方だねえ。。。。

こいう方は何らかの切欠で?弾みとなって?事件に発展する事をしでかす可能性が大いに考えられる。やだねえ。私なら?お近付きにはなりたくない。。。。

少なくとも?この方、教職は適職ではないような??どうだろう?。。。。。。果たして。。。。
# by tomahawk_attack | 2006-06-01 11:23 | 気になるニュース

鉄は熱いうちに打て。。。。

2日午前0時40分ごろ、群馬県伊勢崎市柴町の県道で、同県玉村町の男性会社員(22)の乗用車と大型トラックが正面衝突し、乗用車の男性と、同乗していた男女3人の計4人が死亡、大型トラックの男性運転手(58)もけがを負った。伊勢崎署で事故原因を調べている。調べによると、事故直前、同署員が同市内で不審な走り方をしていた乗用車を発見。赤信号で停車していた際に職務質問しようとしたところ、乗用車が急発進し、パトカーで追跡したが、途中で見失ったという。 (2006年5月2日8時1分 読売新聞)

私もブログでも、何度か書いているが、最近の「若いの」は、どう考えても?おかしいぞ!。。。

若者言葉にある「ヤベッ!」という感覚。。。この言葉が流行る背景とは?。。。

まずは「遵法精神の欠如」が上げられるだろう。だがそれ以前に、彼らが、就学中に「校内ルール」さえも無視?して、「好き勝手し放題」に生活して来た背景がある。その同じ感覚を「引っさげて」社会に解き放たれるものだから?こうなっちゃうんだろうな?。。。

彼らに取っては「捕まっても元々?だ」という感覚が前提にある。だから?まずは逃げる。逃げて、逃げて、逃げまくり、もし逃げおうせたら?それはメッケもの?という、まさに世の中を舐め切った感覚が染み付いている。昔から「兵法三十六計。逃げるにしかず」とは云うが?意味が違うだろ~!オイッ?。。。

彼らに共通しているのは?とにかく犯罪に対する「罪悪感」が希薄している事だ。そして命の軽視も甚だしい。。。

人の個性は15歳ぐらい迄に「ほぼ固まる」と言われている。中でも貴重な幼少時代に「甘やかされて」育つと?成長してからの「軌道修正」が実に難しくなる。俗に言う「三つ子の魂。百までも」だ。。。

日本は苦しい時代の裏返しか?親心として「我が子には楽をさせて上げたい?」という意識になりがちだ。だが、これが欧米となると逆で?小さい頃に厳しく社会の「ルール」を教え込むのが一般的とされる。指導に従わない時は、時として「鉄拳も辞さない」覚悟で、真剣に子供と向き合っている。その差が、大人になっての「社会意識」の差になって現われて来る。その為か?欧米の人達は、公共性とか?社会性とかの意識が、日本人より格段に高いですね。政治意識も強い。宗教性の違いも多分に影響しているかも知れないが、やはり「子育て」の仕方の違いも「見逃せない点」として押さえて置くべきだ。。。。

犬でさえ?甘やかして育てた場合、主従関係を忘れて?「飼い主を噛む」事がある。最近は、犬を散歩させる時でも、ある種。犬の意志を無視して、飼い主の行きたい方向へ、手綱を引き、自然のうちに己の立場を教え込む方法が、盛んに指導され始めた。人間を犬とを単純に混同するのも如何かと思うが?底流に流れる「考え方」には共通項が多い。。。

残念ながら、今は真剣に怒らない親が多過ぎる様に見える。そればかりか?足らざる部分を補完する学校の先生も、今は、時節柄か?体罰が出来ない環境になっている。PTAの在り方も見直す時期に来ていないか?議論の高まりを期待したい。これでは「熱血先生」もいなくなるのも道理である。教師をサラリーマン化させている背景には?PTAの「在り方」にも原因がある。。。。

尚、誤解の無い様に付け加えれば?私は、決して「暴力主義者」では有りませんし、何でも「暴力に頼る」などと言う極端な「考え方」には組みしません。念のため。。。

もっと親が「我が子」と真剣に向き合う姿勢こそが必要なのである。そして真剣に向き合えば?「今言わずして何時言う?」という様なシチュエーションには?体罰も辞さず「烈火のごとく」怒る姿勢が必要である。勿論、この姿勢は親だけでなく、「教職者」にも言える。しっかりして欲しい。「鉄は熱いうちに打て」を真剣に議論すべき時である。熱いうちに打ってないから?「ひ弱」なモヤシっ子が出来るのである。そして自らを棚に上げ?にして、思い通りにならないと?世の中のセイにしたり、こすっからく?逃げる勝手人間が増殖するのである。。。

そう考える時、例えば、妻が旦那の衣服を、自分や娘の衣服と「一緒に洗わない」などとする発想にも?原因の一端が無いか?と考えられる。少なくとも?カミサンが、亭主を「こ馬鹿」にしているうちは、子供が親を尊敬するハズもなく、そうやって甘やかした母親自身も、やがて子供から、手ひどい「しっぺ返し」を受けるのである。「ざまあねえ」醜態ではないか?。。。

鉄は熱いうちに打て!若者よ!問題から逃げるな!である。。。。。
# by tomahawk_attack | 2006-05-02 14:59 | 気になるニュース

コップの中のザワめき。。。。

民主党の小沢一郎前副代表は2日午前放映のフジテレビの番組「報道2001」に出演し、7日の党代表選について「先頭でも一番後方でも何でもいいが、頑張る」と述べ、出馬に意欲をにじませた。一方、同党の渡部恒三国対委員長は都内で記者団に代表選出馬について「そんな気はない。私は私心が全くなく、二大政党制に命をかけている。 (産業経済新聞社 Sankei Web 04/02 10:59)

民主党の「党首」選びが、コップの中で「ザワめいて」来た。報道に依れば?小沢さんに加え?死んだ振りしていた?「団子3兄弟」も再登板の機会を窺がっているとの報道もある?一体、この党の人達は何考えてんのかねえ??前原さんなら兎も角も?「金権イメージ」が未だ染み付いて離れない小沢さんを「党首」に祭上げて?どの程度、票を取れると思ってお出でなのか?? (^-^) 「貧すれば鈍す」。ちょっと目に考えても?分かりそうに?とは、外野席からの感想である。。。

もし小沢さんが「民主党」の党首になれば?自民党は?民主党と「協調」など?「金輪際」有り得ないと思われる。敢えて「民主党」が、その道を求めるなら?それは、それでまた良しと言うしかない。他所がどう有ろうと?自民党は、ゆるぎない「改革の志」をもって「孤高」の道を突き進むだけである。。。

人は、一たび生を受けれると?後は誰しも?持って生まれた「運命(さだめ)」に付き従い進み行くものである。小沢さんの場合、好むと好まざると?良きに付け悪しきに付け?「黒子」が良くお似合いだ。にも拘らず今更?「党首」も無いだろうにとは?偽らざる感想である。むしろ黒子は黒子に徹し、その「奥義」を極めて頂きたいものである。。。(^-^)

かと言って?今更?「団子三兄弟」が再登板しても?国民は、ただ呆れるしかない。そうなれば?民主党に取って次回の選挙が「存在意義」を問う?正に「正念場」の選挙となろう。。。

彼らには、どうか是々非々で臨む「健全野党」に立ち返って頂きたいものだ。かっての自民党とて「派閥談合」や「料亭での密談政治」が横行していた時代もあった。ところが?小泉政権の五年間に、「派閥」は見事に無力化され、今では?地方だけでなく、都市に住む多くの若者からも支持される、若々しく「清新さ」に溢れた政党に生まれ変わっている。。。

民主党も同じ様に「党の改革」を進め様とするなら?どう割り引いても?小沢さんや、菅さんではダメだ。小泉ファンの私としては、考え方が「大筋」で近い?前原さんの再登板を、是非とも期待したいところだが?民主党サイドからすれば?「蓮舫」議員という「ウルトラ」もなくはない?。。
# by tomahawk_attack | 2006-04-03 00:00

議員に「れんれん」は見苦しい。。。。

「送金指示」メール問題を国会で指摘した民主党の永田寿康衆院議員(比例南関東ブロック)は28日午後、国会内で謝罪の記者会見を行った。「誠に申し訳ございませんでした」と深々と一礼した永田議員は、2月16、17日の予算委員会で質問に至った経緯を説明。「情報提供者から提供されたメールを見て、間違いなく真正なものと思った」とし、その理由として、<1>仲介者は元記者で全幅の信頼を寄せていた<2>仲介者によれば今回の情報提供者は本件の送金にもかかわっている<3>銀行口座の情報を提供された――ことを挙げた。 (2006年2月28日15時22分 読売新聞) 

なんだこりゃ?こんなの「お詫び」会見にも、何にもなっていないじゃないか?マスコミを含め、おそらく、殆どの国民も「何だこりゃ?」という印象を受けたに違いない。はっきり言って「何考えてんの?」と申し上げたい。話になりません。まず。説明が極めて不十分であり、心から「お詫び」するという気持ちが伝わって来ない。敢えて「会見」に点数を付ければ?20点上げられるか?どうか?である。 これじゃあ?武部さんならずとも?10000歩譲っても、勘弁できないだろう。会見を見ていて「誠意」が全く伝わって来ない。。。

その原因は。。。

① この場に及んで「まだメールの偽物を認めていない。」事である。まったく往生際が悪いと云うか?ここに至っても尚、まだ「メールの正当性」を匂わす発言をしている事に驚きを隠せないと同時に、その神経たるや?果たして「常人」の及ぶところにあるのか??疑問符が出てきた。まさに「絶句」である。。。

この事で、世の青少年が、仮に「嘘っぱち」を付いて?人を故意に陥れても?犯罪にはならないという意識になったら??どうするのだろう?。。。

その「罪深さ」たるや計り知れないぞ!!政治家自らが、そんな「予見」を与えて良いものだろうか?良く良く考えて頂きたい。。。

永田さん自身に、この件で「故意」という意識が有ったか?どうかは私は知らない。故意ではないかもしれない。だが結果として、こういう発言を続けたら?「そう言うサイン」を出しているのと「同じ事」になるじゃないですか??それでは「往生際」が悪いどころでは済みませんよ。男なら?ここは、はっきり認めなさい!!と申し上げたい。。。

その上で、未だ「心に期する」部分を残しているのなら?それもまたよし。だが永田さんの発言で、重大なる被害を受けた「武部さん」と、その「ご二男」がいるという事をもっと深く考えるべきではないのか?彼等が受けた「精神的」苦痛と「経済的」被害を少しでも思いやれば??この場に及んでも尚、「心情を、逆撫でする様な、そんなつまらない口を、敢えて利く必要が、何処に有るのか?」と申し上げたいのである。。。

その上で党内で「メール問題」とは切り離し、別な問題として、党内で「捜査」を続行されれば良いでは有りませんか?飽く迄も「お詫び」会見のさ中に述べる話ではない。それ故。キツイ言い方をすれば?これは「お詫び」会見ではなく「開き直り」会見に等しいものであるという事だ。言葉だけ神妙にしているが?心の中で「ベロ」を出しているとしか?思えない。極めて「不誠実」な対応である。これでは「懲罰動議」をかけられても致し方がない。。。

② 次に「メール」の入手経緯と、確信を得た経緯。何処に問題が有って?こういう事になってしまったのか?などなど。国民が知りたいこれ等の「疑問」に全く答えていない事である。。。

それを明らかにしない限り?再発防止になどは考えられないと言って過言ではない。何故ならば?民主党は、政府による「アメリカの輸入牛肉再開」問題でも?政府に同じ事を迫ったのですよ??であれば?自らについても、「きちっと」すべき事は当然ではないですか?。。。

その意味で、永田さんの今日の会見は極めて「不十分」と申し上げたい。こんな内容では、今後、民主党に政府を責める資格など無いですよ。説明責任は、政府だけでなく、永田議員や公党である「民主党」の皆さんにも有る事を、「ゆめゆめ」お忘れになっては困ります。。。

③ 懲罰動議の結果については「甘んじて受ける」との由。その感覚が、また「可笑しい」のですよ。何故自ら「きちっと」ケジメをお付けにならないのですか?懲罰動議の結果で受けるという姿勢は「仕方なし」の姿勢ですよ。今、永田さんの「一挙手一投足」に国民の目が集まっているというのに?何故?こんな「投げやり」とも取れる姿勢を見せるのでしょう?不誠実すぎます。これでは自民党や武部さんならずとも?国民が許しませんよ。こんな事では単に永田さんの「人格論」だけでなく党の名誉も傷つけているという事が全く分かっていない様子であり、そこに重大な問題を抱えている事に是非とも気付かれるべきだ。この場合。永田さんは、まず自らの意思で職を辞するので常道であり、永田さん本人並びに、民主党に取ってもそれがベストの選択である。。。

④ 会見を通して気になっていた事が有ります。そもそも。永田さんの発言に端を発し名誉を傷つけられ、また、計り知れない「経済的」損失を被った自民党の「武部幹事長」と、その「ご二男」に対し、まず会見より前に、先に「お詫び」に出向き、謝罪の「ケジメ」を付けた上で、それを引っさげての「マスコミ会見」であるべきした。要するに「順序が逆」なんですよ。そこからも「形式主義」に捉われて「真剣みがない」と見られてしまう原因があるのです。。。

永田さん?今回の問題を、民間会社の「クレーム処理」に例えると良く分かりますよ。クレーム処理の原点は、何をさて置き、まず問題になった「エンドユーザー」に謝罪に出向き、そこで「納得」されるまで「誠意」を尽すのが基本なのです。その上で、顛末に再発防止策を添えて「監督官庁」などへ報告する「流れ」であるべきです。。。

そう考えれば?この場合。永田さんに取っての「エンドユーザー」とは?何処ですか?それは「武部幹事長」で有り、その「ご二男」なのでは有りませんか?ならば?この解決には、本来、どういう順序の、どういう対応で有るべきだったのか?お分かり頂けるでしょうに。。。

とはいえ。この問題で、すでに野田国対委員長が辞任している事を考え併せると?この先、前原さんまで、責任を取る必要は、ないと思われます。ただ?発端になった永田さんには、一刻も早く「職」を辞させるのは当然です。でなれれば?民主党の「建て直し」など到底おぼつく訳もなく、「夢また夢」と気付くべきである。更には、武部さんとて「腹の虫」が収まるわけがない。。。
# by tomahawk_attack | 2006-03-01 00:01

証券取引等監視委員会を独立させよ!。。。

ライブドア事件をめぐって、自民党の武部幹事長が証券取引等監視委員会を批判したことについて、与謝野金融担当大臣は、武部幹事長には「教育が必要だ」と戒めました。去年の衆議院選挙で堀江貴文容疑者(33)を応援して批判を受けている武部幹事長は、30日の講演で、「証券取引等監視委員会は何をやっていたのか」と発言しました。  ANN NEWS 更新2006/01/31(15:04)

与謝野さんは「証券取引等監視委員会」が、早くからライブドア事件の調査を始めていた?と、今更ながらに言い訳がましく語っていましたが、だから何だと云うんですかね?実は、同じ事を先日の「サンプロ」でも述べる場面が有りました。そして案の定。『だったら何で防げなかったか?』と、すかさず田原さんに気色ばんで窘められていました。当たり前じゃないですかねえ?いったい何考えているのか?と言いたい。たまたま。与謝野さんのコーナーの時間切れもあって、辛うじて「ゴング」に救われていましたが、あのまま時間延長で議論していたら?猛禽の餌食となる事は必定であった。。。

与謝野さんによれば、「証券取引等監視委員会」の権限は、今でも「第二検察庁」といえる程の権力があるとしています。実体の程は分かりませんが、仮に事実としても、今回の事は、その制度が十分に機能しなかった事を端的に示しています。従ってこの部分に「なんじゃら?こうじゃら?」と開き直って「言い訳」するのは?見識が問われるとこです。本来なら「どう改善すべきか?」に特化して、大臣自らが率先垂範で議論を提起すべき立場であります。武部さんは、そこを厳しく指摘する意味で『 証券取引等監視委員会は何をやっていたのか?』と述べたものと理解します。であれば?ごく当然の姿勢じゃないですか?それを指摘されて、血迷って?逆ギレする発言に至る様では、逆に政治家としての姿勢が問われますよ。。。

中途半端な組織の「見直し」では無く、この際、世界に誇れる独立した形態の「組織」として生まれ変わる様、今後、本気モードの議論を期待します。既得権益にしがみ付かないで下さい。。。。
# by tomahawk_attack | 2006-02-01 13:05

光り輝く「メモリアルイヤー」になれ!。。。。。


天皇、皇后両陛下が皇族や三権の長らから新年のお祝いを受ける恒例の「新年祝賀の儀」が1日、皇居で開かれた。陛下は「一同の祝意に感謝いたします。新しい年を共に祝うことを誠に喜ばしく思います。年頭に当たり、国の発展と国民の幸せを祈ります」とあいさつされた。(日本経済新聞社 NIKKEI NET 1/1 15:18)

今年は何時になく寒い元旦となりました。。。

陛下も穏やかなる元旦を「お迎え」になられた様子とお見受けしました。国民の一人として真に慶賀に堪えぬところです。

何時までも「お健やか」にお過ごし頂けますように、また併せて日本国と国民が平安なる一年で有ります様に、ご祈念申し上げます。。。
# by tomahawk_attack | 2006-01-01 17:11

愛には力がある。。。。。

東京メトロ東西線の運転士が走行中に奇声を出し、不審に思った乗客が西葛西駅(東京都江戸川区)ホームで非常通報ボタンを押す騒ぎがあったことが1日分かった。東京メトロによると、11月30日午後9時半ごろ、中野発西船橋行き普通電車の運転士(41)が運転中、「アイちゃんが好きだ」などと、意味不明なことを大声で叫んだらしい。(産業経済新聞社 Sankei Web 12/01 18:06)

この運転士さん。「アイちゃん」という方を、よほど好きだったのでしょう。情熱的ですね。それにしても、ちょっと前、『世界の中心で愛を叫ぶ』というのが有りましたが、『電車の運転中に愛を叫ぶ』というのは、ちょっと如何なものか?。。。。。 それこそ、夜の港の岸壁で愛を叫べは絵になりましたものを?。。。お幸せに! んねっ。 (^-^)v 
# by tomahawk_attack | 2005-12-01 23:17

小泉『巡洋艦』の、新たなる船出を祝う。。。。。

第三次小泉改造内閣が三十一日夜、発足した。小泉純一郎首相は、要の官房長官に初入閣となる自民党の安倍晋三前幹事長代理を起用。外相に麻生太郎前総務相が横滑りしたほか、谷垣禎一財務相は留任となり、ポスト小泉候補の三人を重要閣僚で処遇した。郵政民営化関連法成立の推進役となった竹中平蔵前経済財政担当相を総務相に就け、引き続き郵政民営化担当相も兼務させ、「改革続行内閣」(首相)の布陣を敷いた。(産経新聞社 Sankei Web 11/01) 

ついに発表されました。大三次小泉改造内閣の布陣。。。。。

「郵政民営化」に区切りを付け、新たなる「構造改革」を断行し、「憲法改革」に道筋をつける為、やや肥大化した?党内に「緩み」が出ない様「結束」を引き締める意味での『巡洋艦』内閣の布陣と受け止めさせて頂きました。それと、武部さんの幹事長「留任」を歓迎します。。。。。。 (^-^)

小泉・竹中コンビの、更なる飛躍と頑張りに期待します。「天気晴朗」なれど波高し。行く手には「群雲」も感じられるが、さあ!気を引き締めて「全速前進」でお願いしたい。。。。。。
頑張れ!ライオンハート!貴方ならきっと出来る。
# by tomahawk_attack | 2005-11-01 14:52

風よ叫べ!波よ唸れ!。。。。。。

非常に強い台風19号は1日、宮古島の南南東の海上を西に進んだ。同日夕から2日朝にかけて宮古・八重山地方に最も接近する。波の高さは1日朝に6メートル、昼前には9メートルを超え、沖縄本島近海も昼前から大しけとなり、気象庁は高波や暴風に警戒を呼び掛けている。〔日本経済新聞社 NIKKEI NET 10.01 11:30〕

今から700年以上も前のこと。日本に『元』(現在の中国)の大海軍が来襲しました。(元寇の役)
しかし北九州へ攻めてきた多くの船は「暴風雨(おそらく台風)」のために海に沈んで行ったと伝えられています。

日本にとって「神風」とも云うべき、その「暴風雨」は、当時、海に向かって必死に祈る「日蓮上人」の姿を見て呼び起こされたという逸話が残っています。

折りしも現在。日本の排他的経済水域(EEZ)付近に、、「春暁」ガス井戸を掘り「地下資源」を盗み取ろうと画策する中国。今も昔も大国のエゴむき出しで「狼藉」を働く「根性」は、些かも変わっていない。

700年の時を超えて、再び神は、中国に対し、怒りの「鉄槌」をお下しになられるかも知れない。。。。。
# by tomahawk_attack | 2005-10-01 15:06

ソフィストを許すな!

メディアの調査で、有権者が『郵政民営化に賛成』している。。。。そして『改革も止めて欲しくない』様子が、調査結果で伝わるや否や?。。。。採決に際しイケシャアシャアと「青票」を投じた先生方は、途端に、こう“おっしゃり”だした? 

元来、「郵政民営化」は賛成だけど?或いは「改革」自体は賛成してるが。。。。「法案」の内容が反対だから採決にも反対した?。。。。 

総論賛成!各論反対! 正に、選挙民ダマシ?の「ご都合主義」。。。。
オイオイ!!それでも君等は政治家か?。。。。イヤ違う、ただの政治屋だ!!
こんな論理を認めていたら?今後、如何なる「法案」採決にも、同じ手口を許す「免罪符」ともなり兼ねない。
こういう連中に「投票」するのは如何なものだろうか?国民の良識を信じたい。

『人間は、万物の尺度では“ない”?』  (^-^)
# by tomahawk_attack | 2005-09-02 00:20

亀井さんの新党結成。大歓迎です。

亀井さ~ん!自民党には、あなた様のような「ダーティー感」漂う「官憲キャラ」は、そもそも「似つかわしく」有りません。ましてや今回の様に「自民党総裁」たる小泉さんの「足引っぱって」喜んでいらっしゃる方が、どうして「自民党員」と申せましょうか?(小泉さんは、あなた方が指名した総理ですよ?)

「新党」をお造りになると申されるのなら「亀井タートルズ」でも何でも結構です。早く「自民党」を離党され、あなた様が「思い描く新党」をお造りになられれば宜しいかと存じます。私としても、その際は「お赤飯」を炊いて「お祝い」申し上げるつもりでおります。またその際は、恐れ入りますが「綿貫さん」や「平沼さん」も、ご一緒に「お連れ」頂ければ、尚「幸い」で御座います。

早くそんな日が、一日も早く訪れますよう、私としても「指折り数えて」お待ち申し上げております。
# by tomahawk_attack | 2005-08-01 14:36