世の中の不条理に一言、
by tomahawk_attack
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
気になるニュース
雑感
マイライフ
ガーデニング
未分類
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
お気に入りブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 10月 ( 32 )   > この月の画像一覧

狂い咲きするアジサイ。。

c0074332_2235034.jpg


今年の秋は極端に寒い日があったり、暑い日があったりと、気温の変動が激し過ぎている。。

それが理由かどうかは分からないが・・・・

我が家のアジサイが時ならぬこの時期に・・・突如、狂い咲きした。。

それがこれ!・・・↑

品種は「墨田の花」・・・

今年は春から何もかもが異常づくしの年・・・

なんせ・・・ドジョウが采配振るう世の中である。・・・この位で驚いてちゃいけないのかもしれない!・・・・

まったく世も末である。。。015.gif
[PR]
by tomahawk_attack | 2011-10-31 22:04 | マイライフ

芸術の秋・・・「ゴヤ展」と「ロートレック展」を一気に梯子見する。。

先日、芸術の秋を堪能しようと、都内の上野公園にある国立西洋美術館に行きまして、そこで開催されている「ゴヤ」展を見学しに行って来ました。。
今回は「ゴヤ・光と影」・・・と題しまして、巨匠「フランシスコ・デ・ゴヤ」の作品の中から選りすぐりの作品が展示されています。。
c0074332_20450100.jpg

会期は、2011年10月22日(土)~2012年1月29日(日)までとなっております。。
スペインの国立プラド美術館の作品が国外で展示されることなど滅多にありませんし、ご興味のある方は、このチャンスに是非ご覧になられたら如何でしょう。。

ポスターに使用されているのは、ゴヤの代表作である・・・「着衣のマハ」・・・です。。
この作品にはペアとなるもう一つの「裸のマハ」という作品がありますが、残念ながら、そちらの作品は今回は展示されていません。。
一緒に見れることを期待して来た方には、些かショックかと思いますが、それは「次回のお楽しみ」ということで、・・・
c0074332_2051713.jpg

このあと私は有楽町駅にほど近い「三菱一号館美術館」にて開催されてるもう一つの絵画展・・・「ロートレック」展・・・も併せて見学して来ました。。

年代も作風もまるで異なる作家同士の作品だけに、見る側の好みも大きく分かれることと思いますが、どちらが良くて、どちらが悪いということはありません。どちらも良いと思います。。
掟破りの見学の仕方に頭の中がスッカリこんがらかりましたが、芸術の秋を存分に堪能出来たことは良かったです。。。058.gif
[PR]
by tomahawk_attack | 2011-10-29 20:06 | マイライフ

色づくミカン。。

c0074332_23313417.jpg

秋の陽射しを受けて、我が家のミカンが黄色く色づき始めた。。

今年は、ざっと目に数えて100個以上は生っているように思える・・・良く探せば、或いは、もっと生っている可能性もあり、嬉しき限りである。。

諸物価高騰の時代に、好きなだけタダで食べられるという嬉しさは・・・格別なものがある。。

まことに有り難きことであり、とても嬉しきことである。。

今年は台風15号がもたらした塩害で、関東南部にある当地の木々にも大きな被害をもたらした。。

勿論、我が家の庭木も例外になく、それにより多くが葉にダメージを負って散った。。

ミカンは落葉樹ではないが、15号台風がもたらした塩害により、一時はかなり弱ってしまったのも事実。。

心配していたが・・・ミカンはタフである。。

その後の立ち直りがもの凄く早く、結局、大きな被害には至らなかったのは・・・とても有り難きことである。。

そんな中、話がいきなりブッ飛んで恐縮だが、私の中で「ミカン」というと、真っ先に思い出されるのが「紀伊国屋文左衛門」氏・・・・

彼は江戸時代の元禄期に紀州に生まれたスーパー商人であり、類まれな才覚を持つ政商でもあったともされている。俳人としても広く知られており今でも多くのファンを持つ。。

当時から中央政治に急接近し、財力をテコに癒着を深めつつ、あらゆることに手を出した人物とされている。。

まさにオールランドプレーヤー・・・今でいうマルチタレント的な才能をお持ちだったようだ。。

中でも一般に広く知られているのが「ミカン」で大儲けしたという例の話。。

文左衛門による遊郭での「お大臣遊び」などは特に有名で、頭に帯紐を捲いて小判をブリ捲くシーンは、今も尚、お芝居などによく使われ登場する。。

考えて見れば、文左衛門の生きた元禄の世も、今風に考えれば「バブル期」そのものであり、以前に私たちが経験した「昭和のバブル期」とも少なからず重なるものがある。。

文左衛門ほどのスケールではないにしろ、バブル当時、銀座の高級クラブなどを梯子し、ホステス相手に万札をブリ捲いて楽しむ「株屋」や「不動産屋」らの存在があったとされるが、或る意味、それらとも良く似ていると思った。。^^

改めて、江戸時代、ミカンで財をなしたとされる「ミカン長者」の紀伊国屋文左衛門氏・・・

紀州の山々を黄金色に埋め尽くしたとされる豊作ミカンを前にして、文左衛門の胸には何が去来していたであろうか・・・

我が家の小さなミカンの木に、文左衛門の生きた当時を重ね併せ、ささやかながら、今年も感謝してミカンを味わいたいと感じている今日この頃である。。。 023.gif
[PR]
by tomahawk_attack | 2011-10-28 23:32 | マイライフ

TPP加盟は百害あって一利なし。。

先ごろ、10月20日のNHKで京都大学の中野教授によるTPP加盟の是非論が放送されたようですが、見損なってた私でした。。

でも便利な時代になりまして、Youtubeで、その模様を詳しく見ることが出来ます。。^^

それがこちらです。見損なった方も、是非ご一緒に、ご覧になられては如何でしょう・・・

目からウロコですよ。。

http://www.youtube.com/watch?v=8G29qFqId2w&feature=player_embedded

という訳で、まさに中野教授が仰る通りで、私としてもその意見に全面賛成致しております。。

てゆうか・・・もとより私も同じような主張を続けて来ましたので、TPP加盟により、日本の農業が大打撃を受けるのみならず、期待されている工業生産にしても、メリットが殆どないということは・・・今でも些かも変わっていません。。

加盟となれば、デメリットの方が・・・遥かにキツイかもしれません。。

安い輸入品に後押しされるなどして、国内企業は製品価格の「連れ安」に向かわざるを得ず、コストカッターに迫られ、ますます赤字が孕むこととは必定です。。

それを補うために、企業は更なる「人件費カット」や「賃金カット」に向かうことになりましょうから、当然、国家税収も落ちる流れは避けられません。。

それにより溢れ出た新たな失業者により、社会保障費は反比例的に増大し続けることでありましょう。。

さもなくば、一気に現地生産へと加速せざるを得ません。。

でありますが・・・この流れ・・・おそらくながら加盟しても、しなくても同じだろうとと考えられまして、TPPに加盟しても、それにより良いことになるなどは・・・まず有り得ません。。

仮に、もしも有るとすれば、・・・消費者物価が下がりますので、サービス産業は一時的に潤うことになるかもしれません。それ故、加盟を歓迎してるかもしれませんね。それは有り得ます。。

しかし、それはブーメランの如く、やがては自分らの給与や生活などに、いずれ跳ね返って来ますから、あんまり浮かれ過ぎていると、いつか足元から掬われることになると思いますね。。

一端、「タコが自分の足を食い出したら、途中で止められませんし、それが元でやがては衰弱に向かってしまう」・・・という「タコ足」の例えの如く・・・「TPP加盟」は、あまりに危険な要素を多分に孕んでいると言えます。。

民主党は、有りもしない「埋蔵金」に続いて、またしてもTPPの効能だけを過大にピックアップし、またしても新たな「毛バリ」で国民を釣ろうというのでしょうか?・・・・

デフレで困ってる日本が、更にまたデフレを輸入するような誤った政策を打って?・・・「いったいどうする気だ」・・・と言いたくなります。。

みなさんは、これをどうお感じでありましょうか・・・野田や前原らの言動を見ていると、私には「完璧に頭が狂い出した」・・・としか思えないでいるのです。。

白昼夢に踊ってはいけません。またしても、梯子を外されますよ。。

ちなみに、昨日発表された総務省の2010年10月実施の国勢調査の確定値・・・・

それによると日本人の人口は1億2535万8854人ということでありまして、前回調査に比べ37万人も減少した・・・ということであります。これは初のことらしいです。。

更に「国連人口基金」によりますれば、今月にも世界の人口は70億人を超え、その13年後には、80億人まで達する見通し・・・とか?いわれます。。

さらに50年後には、ついに90億を超えるという試算もあるとされ、その先は100億人超え?・・・と続きます。。

とまぁ、そんな訳でありまして、日本は人口減少に転じている訳でありますが、世界は、その流れとは逆に・・・人口の爆発へと向かっている・・・ということであります。。

世の中は今、こういう流れになっておる訳でありまして、これを他人事のように思っていてはいけないのです。。

増え過ぎたネズミは、自らの遺伝子に組み込まれた種の保存本能により、或る日、水の中に集団自殺すると言われております。人間だって他人ごとではないと見た方が良いのではないでしょうか・・・

地球が養える人口には「自ずと限りがある」・・・と考えるのが如何にも自然であり、私は正しいことだと思います。。

好評のうちに終わったテレ朝の「池上解説」・・・私も良く見ていたクチだったが、そのなかで池上さんが解説していた世界の農地が争奪戦にあるという件・・・皆さんは今も覚えてお出でだろうか、・・・

ご覧になっておられない方は、何のことか分からないと思うが、世界では、今、将来における自国民の食糧確保のための農地の争奪戦が始まっている・・・という話。。

狙われているのが・・・アフリカや中東地域とされ、そこに中国や韓国、インドといわれる国々が農地確保の為の激しい争奪戦を繰り広げているという内容だった。・・・ご覧になった皆さんは覚えてお出でかもしれない。。

その理由に上げられたのが、地球上に限られた量しかない貴重な「淡水」の存在・・・

これが足りないという事らしい。。

そんな中、今年の二月、私たち日本人にとっては衝撃の知らせが走った。。

予期していたこととはいえ、1968年以来、実に40年以上も守り続けたGDP世界第二位の座を、ついに中国に譲り渡したというニュース。。

悲しい出来事でありましたが、日本は、目下、世界第三位にあります。。

(もっとも外貨準備という点では、とっくに中国に抜かれていましたが・・・・)

まっ、それはさて置くとして、・・・そんな日本ではありますが、この先を考えると世界第三位はおろか、BRICs(ブリックス)などにより、世界第20位以下にまで落ちる・・・という驚く予測もあったりしまして・・・

この先も日本が、世界の中の経済大国として居続けられるなどの保証は、まるで、まるで、ありません。。(T。T)

何時までもあると思うな・・・「親と金」・・・まさにそういうことであります。。

この先も、安定して食料を買い続けられる保証なんて全くない・・・そのことに誰も保証など出来ません。。

その証拠に、既にマグロを始めとする各種産物の買い付けに於いて、日本の商社が新興国とのセリに於いて「買い負け」をしてしまうケースが多々でているとされ、小麦を始めとする世界の穀物市況は・・・今や上昇の一途であります。。

私の知ってるところでも、アーモンドやクルミ、それにバターなども買い負けしているとされています。。

昨年「小麦の値上げ」という洗礼を受けたばかりの日本・・・皆さんは、これもまた「お忘れ」でありましょうか・・・

それにより今年、パンや麺類の原価が高騰し、已むなく価格スライド的にしたメーカーが多く出たところであります。。

みなさん「お忘れ」でありましょうか・・・こういうのは忘れてはいけません。。

世の中の動きは世界経済に直結したものが多いのです。。

ましてやレアアースで中国が見せたように、政策的に食料を出荷止めされたら・・・日本はどうなるのか・・・

空恐ろしき事であります。。

食料も戦略物資として利用される可能性が極めて大でありまして、ここを抑えられたら「レアアース」どころの比ではありません。日本中が蜂の巣を突っついたような大騒ぎとなりましょう。。

世界最大の農産品輸出国アメリカは、今、食料を戦略物資として使う気で戦略を練っています。。

「仲良しこよし」にある日本とて、金を払わねば物は売ってはくれませんし、言うことを聞かねば・・・快く売ってくれるかどうか、考えずとも・・・自明の理であります。。

お互い商売をしている以上、甘い話などは有り得ない・・・と考えた方が無難です。。

先の原発事故の前までは、高級作物としてブランドになりかけていた一部の日本の農作物も、残念ながら、あの日を境に風評被害を受け、今では急速に需要が減っていると言われています。。

青森のリンゴ、ホタテ、アワビ・・・・ニュースでも、しばしばお聞き及びのことと思います。。

TPPを導入して、そこをテコに強気で農作物を輸出したい・・・と考えていた方々も、残念ながら戦略の練り直しは避けられません。今となっては、それは無理だ。。

工業生産にしても、中野教授が仰る通りでありまして、加盟によるメリットは出ず、逆に「自分で自分の首を絞めるが如し」の状況となり兼ねない。私はそう考えています。。

物事を考える際は、何ごとも、上っ面だけでなく、じっくりと「深読み」するクセなり習慣を付けるべきであります。。

「木を見て森を見ず」・・・で行動しては・・・大変なことになってしまう。そのことは常に考えなくてはなりません。。

民主党は、普天間で仕出かした「大ヘマ」を、TPP加盟により一気に帳消しにしたいので有りましょうが、国民の生活を人質に、そんなことは、断じて「冗談よし子さん」である。。。047.gif
[PR]
by tomahawk_attack | 2011-10-27 22:59 | 雑感

秋明菊。。

c0074332_9391286.jpg

今年も咲きました・・・「秋明菊」・・・

もともとは仏教伝来などとともに、中国から渡来したモノということらしいのですが、日本にすっかり定着しています。。

とても厳かで、落ち着きのある、独特の境地を感じさせる花だと思います。。

見ているだけで心を落ち着かせてくれる癒し系でもあります。。

我が家では、この「秋明菊」を仏花として良く用いてます。。

些か花が散り易く、仏壇を汚しがちになるのは難点ですが、独特の存在感は、他を以て替え難いものがあります。。

花言葉には、「忍耐」・「薄れゆく愛」などがありました。。

秋の季節は、なぜか人をメランコリーにさせたりもしますが・・・

そんな時には、この花を見るなどして、自分を取り戻して頂きたいと思います。。048.gif
[PR]
by tomahawk_attack | 2011-10-27 09:39 | マイライフ

コスモス。。

c0074332_10164883.jpg

長らく楽しませてくれた我が家のコスモスです。。
少々くたびれましたが、未だ元気良く咲いてます。。
その花壇ではありますが、間もなく次の主役へと交代します。。
御苦労さまでございました。。。 006.gif
[PR]
by tomahawk_attack | 2011-10-26 10:17 | マイライフ

秋薔薇。。

今、都内の各地で秋薔薇フェアが開かれていて、とても賑わっていると聞きます。。
こちらにご紹介するのは、我が家の秋薔薇たちでして、うちの奥さんが趣味にしているものです。。
軒下の小さなスペースに花壇を作りまして、そこに、これらの鉢薔薇を並べているという次第です。。^^
近年、異常気象が続いていてまして、生育が難しく、今年も今一つの出来であります。。
それと今年は台風15号が運んだ塩害もありまして、全般的に大きく葉が傷むなど、かなり生育に影響が出ました。。
我が家にある庭木なども秋を待たずにして葉を落とすものが多く見られ、今年は色んな意味で大変な年となっています。。
まっ、そんな訳でありますが、・・・取り合えず、咲いてるものから、幾つかご紹介しようと思います。。

まずはナショナルカラーから・・・ということで、・・・赤・・・
こちらはオレンジの斑が目に優しい色合いで私も気に入ってます。。
c0074332_18492863.jpg

続いて白・・・ウェディングドレスのように純白です。名前は分かりません。。
c0074332_1850173.jpg

続いてピンク・・・
c0074332_18502738.jpg

これは斑入り・・・
c0074332_18511371.jpg

こちらは・・・淡い桜色・・・これがまた超・可愛いのですよ。。
c0074332_1852957.jpg

こちらはストレート系の赤。。
花弁が小さく、鮮やかな赤に、思わず心惹かれます。。
c0074332_18523393.jpg

まっ、花弁が小さいというのは、秋薔薇の全般に言えることですがね。。
お近くに薔薇園がおありでしたら、この機に訪ねられるのも宜しいかと思います。。。037.gif
[PR]
by tomahawk_attack | 2011-10-24 18:55 | マイライフ

柏市の土壌から1キログラム当たり27万6千ベクレルの放射性セシウムを検出。。

千葉県柏市根戸の市有地で採取した土壌から最大で1キログラム当たり27万6千ベクレルの放射性セシウムが検出された問題で、文部科学省の担当者は23 日、現地調査し「福島第1原発事故によるセシウムを含んだ雨水が濃縮され、土壌に蓄積した可能性が高い」との見方を示した。
担当者は同日、現場付近の状況を確認し、放射線量を測定。近くの側溝にたまった雨水が、土壌にしみ出す状況が確認されたとしている。
現地調査は当初は24日に予定されていたが、市が22日の検査結果の重大性や天候を考慮して早めるよう要請、文科省が応じた。(共同) 東京新聞 TOKYO WEB 2011年10月23日 17時22分

>千葉県柏市根戸の市有地で採取した土壌から最大で1キログラム当たり27万6千ベクレルの放射性セシウムが検出された・・・・う~む。。

原因として考えられるのが・・・>「福島第1原発事故によるセシウムを含んだ雨水が濃縮され、土壌に蓄積した可能性が高い」・・・という。。

まっ、福島第1原発事故関連というのは、間違いないところだろうけど・・・でも「雨水が濃縮され」っていう部分は、・・・どうなんだろうなぁ。。

素人の「妄想」で恐縮だが、・・・「1キログラム当たり27万6千ベクレルの放射性セシウム」というのは、ちょっと半端ではなく・・・・

単に「濃縮した」などというレベルでは・・・「収まりきれない」値のように感じられるのだが・・・

どうなんだろうか・・・

むしろ「他の地域とは異なる何らかの特別な事態が、この地域で起きていた」・・・と考えると、より分かり易く、自然に見えて来るのだが・・・(ーー;)

さもなければ、・・・ねぇ。。

ちなみに、この辺りに降った雨水のかなりの部分が手賀沼へと注ぐハズであり、・・・この際、手賀沼についても徹底的に調べた方が良さそうに感じられた。。

地元の人たちの動揺が察せられる。・・・困ったよなぁ。。。015.gif
[PR]
by tomahawk_attack | 2011-10-23 19:07 | 気になるニュース

柿色の秋。。

c0074332_1431181.jpg


関東南部の当地にも秋の深まりを感じます。。
写真は我が家にある「次郎柿」・・・
寒さも増して来た今、一気に熟しました。とっても甘いです。。^^
ここらは小鳥たちのオープンテラスになってまして、・・・
そりゃもう、朝方からピーチクパーチクと・・・凄いお食事風景です。。。023.gif
[PR]
by tomahawk_attack | 2011-10-23 14:03 | マイライフ

蓼科高原・・・「坪庭」散策。。

ここは蓼科高原の山麓にある「ピラタスロープーウェー」の駅です。ここを起点に7分ほど乗ると、山頂(標高2240m)に着きます。。
ロープーウェーとしては、かなり大きめでありまして、とても床が広いです。HPには100人乗れるとありました。「イナバ物置き」のCMじゃないですが、確かに詰めて乗れば乗れる広さです。。^^
c0074332_2154932.jpg

さて、ロープーウェーにより程なくして山頂に到着した訳でありますが、そこには「坪庭」と呼ばれる溶岩に覆われた広大なる高山地帯が広がってました。。
一見すると軽井沢近くにある浅間山山麓の「鬼押し出し」などと景色的に重なりますが、ここは八ヶ岳の一角でありまして、周りは高い山々に囲まれている盆地のようなところです。。
c0074332_21552323.jpg

標高が2240mと高い為でしょうか、岩と岩の間に生える植物も自ずと限られまして、ハイマツなどの他、名前の知らぬ草木が茂ってました。。
c0074332_2156161.jpg

それらには紅葉するものもあり、薄っすらと赤く染まった景観は、美しい箱庭のようであります。。
その一方で、賽ノ河原のような荒涼とした風景もありまして、「坪庭」は、とても変化に富んだ場所です。。
c0074332_223596.jpg

ここには遊歩道が設けられてまして、場所によっては足場の悪いとこもありますが、概ね良好といえます。。
見学にも安全です。短いコースだと約30分ほどで一周できます。お手軽ですね。。
この日は、とても良いお天気でありましたが、風が強い日でありまして、体感温度的には、かなり低くサブく感じられました。これからの季節、お出かけになる方は、一枚羽織るものが有った方が確実に無難です。。
c0074332_2261932.jpg

こうした中を歩き、溶岩帯を過ぎますと、一転して辺りは林間コースのような景色に変わります。。
冬場はスキー場に利用されているとのことで、季節になると多くのスキーヤーが訪れるとの話です。。
c0074332_226488.jpg

今回は、こちらを最後に帰路に着きました。今頃は更に一段と秋色に染まってることでありましょう。美しい信州の高原巡り、機会があれば、また訪れたいと思っています。。。023.gif
[PR]
by tomahawk_attack | 2011-10-22 22:09 | マイライフ