世の中の不条理に一言、
by tomahawk_attack
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
気になるニュース
雑感
マイライフ
ガーデニング
未分類
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
お気に入りブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 03月 ( 33 )   > この月の画像一覧

イタリアの残酷サーカス。。。

イタリア南西部カンパニア州で、サーカス団が「恐怖のサーカス」と称し、ブルガリア人少女(19)にピラニアがいる透明の水槽で泳ぐ芸?を強要していたことが29日、分かった。サーカスの観客からの告発を受け、地元警察当局はサーカス団の主宰者らイタリア人男性3人を逮捕した。 地元紙によると、少女の家族はサーカス団に事実上の“奴隷”として働かされていた。少女の妹(16)は、観客の前で窮屈な箱に閉じこめられた状態で、団員から箱の中にヘビやタランチュラなどを投げ込まれる残酷ショーに出演。妹はけがも負っていたという。 サーカス団は、今年に入ってから姉妹らに1日15~20時間のハードな労働を課したが、週給として支払っていたのは、わずか100ユーロ(約1万5600円)。姉妹の一家は不法移民で、両親もサーカスの動物の世話などをして働いていた。一家は、動物の輸送用に使っていたトレーラーの中で生活していたという。
【2008年3月30日06時01分 スポーツ報知】

「恐怖のサーカス」・・・いやはや。イタリアも結構やるもんである。。^^

ちなみに、このような「残酷ショー」だが?もともとイタリアは古代ローマの時代から、奴隷を観衆の前で、どちらかが死ぬまで戦わせ、その様子に喝采を送って来たお国柄である。国民性としても?ある種。このような「残酷ショー」への違和感がないのではなかろうか。それが今回は、たまたま観客の中にいた人間性豊かな人によって?この哀れな一家は救われることになった。。

もっとも?イタリアに限らず、もともと人間は「獣の端くれ」として、野生の名残からか?こうした「S」の要素も少なからず残っている。極論的に言えば?学校の「イジメ」も然りであり、娯楽的側面の強い「プロレス」にしても?血が噴出さない試合は盛り上がらないなどにも見られる。。

昨年だか話題になった中国の動物園では、猛獣に生きた羊や兎をいれて、その「狩り」の様子を、ショーとして見せるところもあった。人権意識の高くなった今日の日本的感覚からすると?とても違和感が拭えないが、世界では、まだまだ記事のような事例は珍しくないように思える。究極的に考えれば「戦争が耐えないのも?」・・そのセイである。。

私もサーカスは、好きな方で、これまでも「木下大サーカス」や「ボリショイ大サーカス」などを何度も見たが、一見、華やかなショーの裏側にある彼らの血の滲む練習を察するとき、否が応でも感動させられてしまう。それらの合間に登場する「道化師」たちの笑いや涙にも?どことなく哀愁が感じられ独特の感慨を受ける。。

記事の「残酷ショー」も、憶測だが、そうしたスリリングなショーとショーの間で、観客の視点を変えるスパイス目的で組まれた?ちょっと奇妙で、エグイ「演目」だったのではなかろうか。だとしたら?演者にも納得する報酬を出すべきであった。その上での出演ならば?・・観客を喜ばす「ショービジネス」として、「どうぞ、お好きなように!」なのだが、彼女等が不法移民を良いことに、低賃金で無理やり働かされていたとなると?・・もはや「虐待」と取られても仕方がない。。

私的には、この様な「エグイ演目」は、あまり好みではないが、需要がある以上は?あえて否定するつもりはない。但し、世界には様々なスタントマンがいることも事実だし、本人が納得の上で、且つ自己責任を自覚した上でするというなら?一種の「パフォーマンス」として?捉えられなくもない。。

この種のパフォーマンスとしては、日本では千葉県の「鴨川シーワールド」が有名だ。ここでは、飼育員が、シャチの泳ぐ水槽で、シャチの背に乗ったりキスしたりと?・・危険と隣り合わせの様々なパフォーマンスを見せてくれる。。

これだって低賃金で無理やり働かしていたら?イタリアのように、訴えられる可能性もある。しかし彼らの演技には、常に笑顔が満ち溢れていて、観客には飼育員の満足気な様子が十分に伝わってくる。イタリアのサーカスで働いていたブルガリア人の少女たちも、もう少し給料が高ければ?或いは仕事に対する「誇り」を持てていたかもしれない。そういう面では経営者の資質には、別な角度からも問題があったように感じられた。。。
[PR]
by tomahawk_attack | 2008-03-31 14:20 | 気になるニュース

茨城の鬼母・・・

茨城県警神栖署は30日、高校1年生の長男(16)の後頭部などを刃物で刺して重傷を負わせたとして殺人未遂容疑で同県神栖市の女(46)を逮捕した。長男は病院に搬送され意識不明の重体。 調べでは、女は同日午前3時ごろ、自宅にいた長男を刃物で数回刺し、殺害しようとした疑い。「わたしがやった」と容疑を認めた上で、意味の分からないことを話しているといい、同署は動機や刑事責任能力の有無を調べている。 女は地方公務員の夫(46)と長男の3人暮らし。 
【SANSPO.COM 2008年03月30日 更新】

記事によれば、女は犯行を認めているものの「意味の分からないことを話している」口走っている模様だ。私などは、そこが気になるところである。。

幸いにして、ご長男は亡くなってはいない様子だが、精神鑑定でもして?またもや変な結論にでももっていかれたら?・・おかしな「流れ」に更に拍車が掛かりそうで心配される。そうならないことを、只管、祈るのみである。。

ちなみに昔から?記事の女のように、独り言でブツクサ「意味の分からないことを「くっちゃべる」人の場合は・・「キツネ憑き」をも疑ったものだ。。

それにしても、本来なら?目に入れても痛くないほどの、たった一人の我が子にも拘わらず、どうしてこんな酷い事をするのだろう。このところ茨城は酷い事件が立て続けに起きているが、いったい?どうなっているのやら?。。。
[PR]
by tomahawk_attack | 2008-03-30 21:14 | 気になるニュース

日弁連は弁護士の互助会か?・・・

山口県光市の母子殺害事件の主任弁護人、安田好弘弁護士(60)に対する懲戒請求で、日本弁護士連合会(日弁連)は、懲戒しないとした第2東京弁護士会の判断を支持し、遺族の本村洋さん(32)の異議申し立てを棄却した。決定は24日付。 【2008年3月29日09時16分 読売新聞】

そういえば?安田弁護士は、先のヒューザー代表の裁判でも弁護活動をしていたっけ。いったい?どういう人格の方なのだろうか?・・・ウ~ムである。。

まっ。それは兎も角も、日弁連が、こういう決定を下すようでは?・・もはや、この国の弁護士らには自浄作用がないことを?自ら国民に示した格好となった。。

そして、この知らせを聞いた、どれほど多くの国民が落胆したことか?・・想像に余りある。。(v_v)

とはいえ?今回の事で、弁護士の懲戒請求が、実質的に有名無実の「お飾り」であったことが衆目の下に晒された訳で、それが唯一、収穫といえば?収穫である。。(ーー;)  
[PR]
by tomahawk_attack | 2008-03-29 21:27 | 気になるニュース

小石川の無理心中。。。

28日午前0時15分ごろ、東京都文京区小石川の民家から、「隣の家で家族が刺される事件があった」との110番通報があった。警視庁富坂署員らがこの家に駆け付けたところ、6人が腹などから血を流して倒れており、救急車で病院に運ばれたが、3人が死亡した。 同署によると、事件があった民家は7人家族で、駆け付けた捜査員に対し、この家の男性(43)が「自分がやった」と話したという。 死亡したのは男性の両親と妻とみられ、長男と二男、男性も腹などにけがをしている。ほかに長女がいたが、隣家に逃げて無事だったという。 現場は小石川植物園から南に300メートルの住宅街。 【2008年3月28日03時43分 読売新聞】

隣の家からの通報?・・・記事によれば長女が隣に逃げたとあるから?・・という事は?多分、その時に警察への通報を頼んだということだろうな?。。

この家族に何が起きたのかは分からないが、・・なにも死ぬこともないだろうに・・・最近、この手の心中事件が、やたら増えているが、・・いつも思うのは、本人は兎も角も、「道連れ」にされた方のことである。意味も分からず、突然に殺された者の無念はいかばかりであろうか?・・たまったもんではない。。

ちなみに43歳といえば男の後厄である。しかし最近は寿命が延びたせいもあり、厄年にもズレを感じないわけでもないが、昔から慎重に過ごさねばならぬと戒められてきた時期である。この男も、思い詰めて心中を図るくらいだから、よほど追い詰められていたことが伺えるが・・・6人もの殺傷事件。・・なんとも痛ましさが拭えない事件である。。。
[PR]
by tomahawk_attack | 2008-03-28 09:18 | 気になるニュース

携帯電話の不具合が多すぎる。。。

ソフトバンクモバイルは27日、2月に発売した携帯電話機「822P」(パナソニックモバイルコミュニケーションズ製)で電源を一度切ると再び入れることができない障害が発生したとして、販売を一時中止した。 電池を制御するソフトウエアの不具合が原因という。 すでに約1万6000台を販売しており、利用者には販売店で無償修理に応じる。 問い合わせ先は同社お客さまセンター(TEL0088・21・2000)。 【2008年3月27日19時36分 読売新聞】

携帯電話の初期不良は、記事のソフトバンクに限らず、どうも携帯電話全般に言えそうなのだが、どうやら?販売までのスケジュールがタイト過ぎて、「ソフト開発」が間に合わない事情が背景に有るらしい。少し前だったか?某テレビ局が、携帯電話の「ソフト開発」の舞台裏をドキュしていたが、開発の舞台裏は相当に熾烈のようであった。。

番組によれば?こうした初期不良は、本来、事前点検が十分になされるべきところ、慢性的な開発スタッフの不足も手伝って、十分な検証が出来ていない現状が伺える。更には、携わる開発スタッフは、日夜、過酷な労働時間を強いられ「過労死」や「心の病」も心配されているという。それを見た上で当記事を見ると?こうした「初期不良」も?あながち無理からぬものと見えてしまう。。

そう考えた時。品格の感じられない電話会社からは、今後はメーカーも積極的に降りた方が良さそうに感じられる。事実その流れは、既に始まっていて、先月だったか?三菱が携帯電話事業から撤退を表明したし、続いてソニーも、先ごろ、対DoCoMoに関しては縮小の方向を示している。サンヨーなどは昨年から事業そのものを京セラに譲渡を模索している。。

どうも携帯電話は日本独自の高規格化で進んで来た背景があるらしく、諸外国と共通化メリットが薄らいでいるとされ、国内マーケットが、一段と成熟し、タイトに向かう中では、メーカーからすれば?今までのような高額投資を続ける魅力が、もはや無くなって来た背景があると見られる。。

それ故に、これからの時代は、メーカーも組む相手を、しっかりと吟味すべき時に来たと言えそうだ。儲かんないものを、何時までも無理してまで作り続ける必要はないし、第一それでは株主への説明がつかなくなる。今後、メーカーは「品格」ある会社を吟味した上で、慎重に組むべきである。。

実は私も、先月、発売直後の某メーカー製に機種変更したのだが、購入後、1ヵ月以内に、既に、ソフト系の初期不良通知を2回受け取り、急遽、ダウンロードにて更新を済ませた。現在、私の携帯に不具合は感じられないが、こうした安直な姿勢には?何となく疑問を感じないわけではない。。

多分これには、電話会社が予定している新製品の量が多すぎるんだと思う。(そこには販社の事情も有るのだろうが・・) 拡大路線を取って来たこれまでは兎も角も、マーケットが十分に成熟している今の状況を考えれば?引き続き同じようなスケジュールで製品を出す意味が感じられない。もっと新機種の投入を絞って、その分「地に足をつけた」開発に立ち戻るべきではないのかと?・・実際、不具合通知を受け取ったユーザーの偽らざる感想である。。。(ーー;)
[PR]
by tomahawk_attack | 2008-03-28 00:19 | 気になるニュース

人を殺せば刑務所に行ける。誰でもよかった。。

25日午後11時5分ごろ、岡山市駅元町のJR岡山駅の山陽線2番ホームで、帰宅するため電車を待っていた岡山県倉敷市、岡山県道路建設課主任の仮谷国明さん(38)が線路に突き落とされ、瀬戸発岡山行きの普通電車(4両編成)にはねられた。約5時間後に出血性ショックで死亡した。 岡山県警鉄道警察隊は殺人未遂の現行犯でホームにいた大阪府大東市の少年(18)を逮捕。「人を殺せば刑務所に行ける。誰でもよかった。1番前の人の背中を押した」と話している。県警は殺人容疑に切り替えて詳しく調べている。 少年は今月、大阪府立の高校を卒業したばかり。「人を刺してやろうと思った」とも説明し、自宅の台所から持ち出した果物ナイフ(刃渡り約12センチ)を持っていた。 調べでは、少年はホームの右側から電車が入ってきた際、仮谷さんの左後ろから近づき、両手で背中を押して線路に突き落とした疑い。電車の警笛で鉄道警察隊員が駆け付け、取り押さえた。 【2008年3月26日21時16分 スポーツ報知】

ウ~ム。。土浦の事件もそうだったし、自暴自棄から、他人を巻き添えにする事件が後を絶たない。中でも記事のような若いヤツらが目立つのが些か気掛かりである。昔なら10年に一度の事件が、今や?すっかり恒常化している風に感じられ、そこに危機感を持つ国民も多いのではなかろうか。。

教育現場の崩壊が叫ばれて久しいが、事件の背景にはそんな影響もあるのではないかと?心配される。兎角、社会が成熟期に達すると?反転が始まり退廃や堕落が始まるといわれているが、こういうバカ者の登場も?マクロで考えると?そうした「流れ」の中に登場する時代の「申(し)子」なのかもしれない。。

今やモンスタークレーマーも次々と登場する時代である。ここらで緩みきった「ふんどし」を、一端、きつく締めなおす作業が必要なのかもしれない。その一つの答えとして、私は「徴兵制」という選択肢も排除すべきではないと思っている。この言葉には、兎角、あま良い印象を持たないが、今日の時代を考えると?『健全なる精神は健全なる肉体に宿る』ではないが、訓練を通して、国民の体力の向上を図り、合わせて規律や礼儀、道徳を、心技体の形で、骨の髄から学ばせることが、時代の要請になっていると感じられる。以前、東国原知事も「徴兵制」については、同じ見解を言及しておられたが、その気持ちは確かに理解できる。。

といって?それを阻む勢力によって、現実には「憲法改正」の審議すら入れない状況にある。そこらを如何に突破するか?そこらがこれからの課題になって来る。いずれにしても?国民の危機意識が、更に一段と高まらねば?こうした抜本改革は難しいと考えられ、前総理の安倍さんが目指した「美しい国」というのも?・・究極的には、誇りある、規律ある、心を大切にした国だったのではなかろうか?・・軍隊は、それに付随した副産物である。。

兎も角も、お亡くなりになった方は、誠にお気の毒でありました。謹んでご冥福をお祈り致します。合わせて、警察には事件の徹底究明と断固たる再発防止を望みます。。
[PR]
by tomahawk_attack | 2008-03-27 10:28 | 気になるニュース

自己責任から逃げるな!。。

北海道苫小牧市のアパートで2006年12月、7人が一酸化炭素(CO)中毒で死亡した事故で、遺族の母親2人が25日、「事故が起きたのは危険性の周知や製品の回収を怠ったメーカーの責任だ」として、製造元の「トヨトミ」(名古屋市)を相手に、総額約8000万円の損害賠償を求める訴訟を札幌地裁に起こした。  提訴したのは、長女=当時(5つ)=を亡くした同市の20代女性と、3女=同(25)=を亡くした日高地方の50代女性。  事故では、トヨトミ製の石油ファンヒーターの不完全燃焼が原因とみられるCO中毒で成人女性2人と子供5人が死亡した。ヒーターは正規に購入したものではなく、死亡女性の親せきが拾ってきた廃棄物だった。
【時事通信 JIJI PRESS 2008年3月25日(火)19:30】

「男はつらいよ」って映画があったが、記事をみてたら?「メーカーもつらいよ」という気にさせられた。泣けるねぇ。。(ё_ёゝ

廃品で捨ててあるものにも、中には使えそうに見えるものもある。私もたま~にそれを感じる時もあるが、それを引き取ってきて何かあっても?・・ガキじゃあるまいし、私が、いちいちメーカーを訴えることはない。あくまでも自己責任で拾っているわけだから・・私にだって、その位のプライドはある。。

なんでも人の責任にしたり、世の中の責任にする依存症の人間が増えている。そういうのは多分「親離れ」出来ていない者たちに違いない。。

よくルンペンの人が、繁華街で生ゴミをあさっているが?・・それで腹を壊したら?料理屋のセイなのか?・・捨ててあるソファーを拾ってきて、座ったら?バネが飛び出して来て?ケツが怪我をしたら?家具屋を訴えるのか?・・。

記事の事故は、大変痛ましいものであり、お気の毒な事故と記憶しているが、幾らなんでも?やって良い事と悪い事がある。私的には、この家族には、もう一度「自己責任に付いて自問自答せよ!」と言いたい。そこを理解しないと?キツイようだが己の価値を下げることになる。。

メーカーが責任を負うべきは、キチンと金を払って買った「お客さま」たちに対してである。\_(-_- 彡

[PR]
by tomahawk_attack | 2008-03-25 23:34 | 気になるニュース

近ごろ都に流行るもの・・

外資系金融会社社員の夫を殺害し遺体を切断して捨てたとして、殺人などの罪に問われた三橋歌織被告(33)の第11回公判が24日、東京地裁(河本雅也裁判長)で開かれた。「犯行時は心神喪失だった」との鑑定結果に対し、検察側は「被告の供述内容が信用性が吟味されていない」などの理由から、別の専門家による再鑑定を要求した。 検察側が請求した鑑定人は、弁護側が主張するPTSD(心的外傷後ストレス障害)の影響について「犯行とは関係ない」と否定。犯行は、急性的な「短期精神病性障害」によるとした上で、「発症していなければ犯行は行われなかったのではないか」と証言した。 【2008年3月25日06時02分 スポーツ報知】

近ごろ都に流行るもの・・人を殺してバラバラにした者は皆「心神喪失」の結果によるものである。。ウ~ム。。

夫殺しの歌織被告。妹殺しの勇貴被告・・ともに精神鑑定が問題になっている。普通に考えても、仮にも人を殺そうとする時に、どれほどの者が冷静でいられようか?・・いずれも尋常じゃないから?・・まともじゃないから?・・そういう事が出来るのである。。

それを特別扱いし始めたら?世の殺人者は全て「心神喪失」でお咎めナシになる。。んなバカなことがあるか。。

つい先日も、幼い子を二人も殺した鈴香被告に、秋田地裁から降りた判決は、実に温情あるものだった。その「鈴香」被告にも同様の精神鑑定が添付されている。何事も一事が万事であって、これが極刑を逃れるための「免罪符」なったら?・・日本はもう終わりと考えていい。。

であるならば?鑑定人にも「安易に?『心神喪失証明』など乱発するな!」と言いたい。その上で、裁判では、死んだ者だけが「バカ」を見ることのないような?「真面目」な裁判をやってもらいたい。さもなくば死者は浮かばれない。。\_(-_- 彡
[PR]
by tomahawk_attack | 2008-03-25 21:43 | 気になるニュース

河童の川流れ?・・猿も木から落ちる?・・・。

泳ぎが得意なアシカが水死? 京都市動物園は24日、カリフォルニアアシカの雌「カナ」(3歳9カ月)が、園のプールでおぼれて死んだと発表した。 動物園によると、この日朝、姿が見えないため飼育員がプールの水を抜いたところ、底に横たわっていた。23日夕から餌を食べなくなり、24日から投薬治療の予定だった。解剖して水死の原因を詳しく調べる。 カナは2004年6月に東京・上野動物園で生まれ、05年8月に来園した。体長146センチで体重65キロ。アシカの寿命は17―25歳で、カナは人間では14、5歳の中学生に当たる。 動物園の担当者は「やんちゃな娘で、みんなに親しまれていたのに」と残念がっている。【2008年3月24日20時49分 スポーツ報知】

どうしたんでしょうねぇ。河童の川流れ?・・猿も木から落ちる?・・・。

若いアシカだというのに?・・テンカンでも起こしたのだろうか?・・。

エサを食べなくなってたというが・・・いったい?・・・
[PR]
by tomahawk_attack | 2008-03-25 14:40 | 気になるニュース

包丁を振り回すヤツにも?色んなタイプがいる。。

包丁を振り回し67万円を奪ったとして、警視庁田無署は22日までに、強盗容疑で、住所不定、無職宮地洋一容疑者(49)を逮捕した。立川署員が同容疑者に職務質問をした際、「ずっと後悔していた」と3年前の強盗を自供。連絡を受けた田無署が逮捕した。
 立川署員が21日午前10時55分ごろ、立川駅北口交番前を通りかかった同容疑者に職務質問した際、「収入が無くてやった。自首しようとしたが踏ん切りが付かなかった」と話したという。 調べによると、宮地容疑者は2005年5月1日午後9時40分ごろ、東京都西東京市芝久保町のスーパーマーケットの事務所で、包丁を振り回して「金を出せ」と脅迫。現金約67万円と携帯電話1台(500円相当)を奪った疑い。 【時事通信 JIJI PRESS 2008/03/22-13:43】

記事によれば?同容疑者も「ずっと後悔していた」という。。なるほどねぇ。

こういう人は、おそらく根っからのワルじゃないために、或いは、なり切れないために、自分の考えと、犯してしまった行為との間に、自己矛盾を抱えて、苦しんでしまうタイプなのだろう。。

「背に腹は変えられぬ」といったら?・・被害者に失礼な話だが、人間、切羽詰ると?そういう気持ちになる可能性も否定は出来ない。記事の容疑者も、生活の困窮に耐えられず、已む得ず犯行に走ってしまったものと推察する。。

とはいえ。強盗は「大罪」であり、決して許されるものではない。それを肯定したら?被害者の立場がなくなる。この人も、しっかりと罪を償って社会復帰してもらいたい。。。\_(-_- 彡
[PR]
by tomahawk_attack | 2008-03-24 18:30 | 気になるニュース