世の中の不条理に一言、
by tomahawk_attack
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
気になるニュース
雑感
マイライフ
ガーデニング
未分類
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
お気に入りブログ
最新のコメント
dankkochikuさ..
by tomahawk_attack at 09:26
おひさしぶりです。12月..
by dankkochiku at 17:10
dankkochiku..
by tomahawk_attack at 20:17
エロ オヤジ
by 汚ケツ at 06:30
届かないではなく役立たず..
by は~と NO エース at 07:51
明けましておめでとうござ..
by dankkochiku at 10:01
あんたが叩かれるべきでは?
by js at 00:55
あんた何様のつもり?
by . at 08:07
キモエロジジ
by tomahawk_a at 23:11
アホクサ エラソー
by トマホークアタック at 00:20
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2007年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

「ちゃん」付けは、幾つまでなら許されるのか?

山梨大(甲府市)は30日までに、女子学生を「ちゃん」付けで呼び不快に感じさせたのはパワーハラスメント(パワハラ)に当たるとして、同大大学院医学工学総合研究部の50代の男性教授を減給1万704円(1回)の懲戒処分にした。
 同大によると、教授は昨年の9月から11月にかけ、指導する研究室に所属していた女子学生に対し、名前に「ちゃん」を付けて呼ぶなどしたため、学生が不快に感じていたという。
 女子学生から相談を受けた大学側が教授らから話を聴き「地位を利用した嫌がらせ」と判断した。教授もパワハラだったと認めているという。 山梨大は「今後はこのようなことがないよう、啓発活動に努めたい」としている。 【2007年11月30日12時52分 スポーツ報知】

幾つになっても親愛の情を込めての「ちゃん」付けをする事は珍しくない。事実、「ちゃん」付けは高齢者間でも行なわれている。言葉の性格上、目上に使用するのは注意を要するが、同世代や年下に対して、「ちゃん」付けを行なうことは、コミニュケーション上も何ら差し支えのないものと考える。。。

むしろ積極的に使うことによって、両者の距離感も変わって来ようと言うもの。それ故「コミニュケーション」の向上には有効に働く可能性が高い。そんな良き日本の美風を、「ダメ」の一言で一蹴してしまうのは?はたして如何なものだろうか?記事を見ながら、私的には少々キツく感じられた。。。

確かに日本の「パワハラ意識」は世界の中でも甘いとされているのは事実である。といって、ここまでハードルを下げるのは?いくらなんでも下げ過ぎである。まったく極端である。。てゆ~かぁ?私的には「そんな事で本当に良いのか日本?」って問い掛けたくなってしまう。。。(゚.゚)ノ

ちなみに、現在ヒット中とされる映画「続・三丁目の夕日」も、現代社会の中で、失われつつある昭和への「ノスタルジック」な想いに共感しているからではないか。その意味で、日本を、ここまで成長させてきた昭和の良き文化・良き伝統の否定ともとれる今回の決定は、とても危惧を感じさせられる。。。

今回、大学という局所的な範囲とはいえ、山梨大は、もう少し熟慮の上に判断されても良かったのではなかろうか?私的には些か拙速過ぎた判断のように感じられた。。。(~ヘ~;)
[PR]
by tomahawk_attack | 2007-11-30 23:29 | 気になるニュース | Comments(2)

ハートは心和ます優しさの象徴。。。

額にくっきりと白いハートマークがある競走馬「トレジャースマイル」(2歳牝馬)が今月、岩手競馬の水沢競馬場(岩手県奥州市)でデビュー、「ハートマークがかわいい」と若い女性や家族連れが競馬場に駆け付ける人気となっている。 岩手競馬を運営する岩手県競馬組合は赤字経営脱却の切り札として、全国的な人気を集めた高知競馬のハルウララの再来になればと期待を寄せている。次回の出走は24日の予定。 トレジャースマイルは水沢競馬場の村上昌幸厩舎(きゅうしゃ)所属。村上氏によると、生まれた当時は丸形だったが徐々に変化し、ことし9月ごろハート形になったという。 【sanspo.com 2007年11月22日 更新】

ほほぅ。。馬頭にハートマークですか。いいすねぇ。当ブログとしても積極的に応援したくなる。。。^^

ハートは、ラブリ~と優しさの象徴でもある。記事の「トレジャースマイル」君には、とても他人とは思えないほどの親しみが湧いてくる。。。

まずは早く一勝して、スターホースへの栄光の階段を駆け登って欲しいものだ。現状では瞬発力の点で、若干の弱気癖が懸念されているようだが、経験を積めば、マークに恥じない強い馬になると期待される。どうか頑張って欲しい。。(^ー^)ノ
[PR]
by tomahawk_attack | 2007-11-22 21:09 | 気になるニュース | Comments(2)

発作的犯行か?明らかな虐待か?。。。

寝たきりの母親に暴行し重体にさせたとして、釧路署は14日、釧路市堀川町、無職、平川信一容疑者(51)を傷害容疑で緊急逮捕した。 調べでは、平川容疑者は13日午後9時半ごろ、自宅で母みどりさん(86)の食事の世話をした際、水差しで飲ませた水をみどりさんが吐き出したことに腹を立て、頭や顔などを素手やスリッパで数回殴った疑い。みどりさんは約30分後に容体が急変して病院に運ばれ、外傷性硬膜下血腫などで意識不明の重体。 平川容疑者はみどりさんの次男で、1年ほど前から寝たきりのみどりさんを介護するため同居し、みどりさんの厚生年金で生活していた。 【毎日新聞 2007年11月14日 14時06分 (最終更新時間 11月14日 14時07分】

寝たきりの母親を、自宅で介護するというのは、介護の経験のないものが、頭で考える以上に、現実は厳しいものがある。それゆえ。勤めを続けながら、母親の介護も両立させようというのは?かなり難しいことである。。。

それゆえ。あえて勤めを続けず、母親の介護に専念し、その為に母親の厚生年金で生活せねばならなかったとしても?そこには何ら違和感を抱くものはない。むしろ資産家でもなければ当然といえる。。。

ましてや一年間も、母親の介護を続けていた孝行息子である。もし事件が起きなかったら?美談とされる内容だ。記事によれば、飲ませた水を吐き出したことで、該者が腹を立てた事が切欠とされる。しかし歳を取れば?誰しも飲み込みが悪くなるというもの。いくらなんでも?スリッパで「お仕置き」するのは?「虐待」とされても仕方がない。。。

歳を取れば脳の血管は脆くなる。ホンの些細な衝撃が切欠で「命取り」になることもある。そんな分かりきった事を、何故、この息子はしたのだろうか?まったく。ウ~ムである。。。

この事件は短絡的な暴力事件だったのか?それとも「介護疲れ」で精神的に追い込まれた故のことだったのか?定かではないが、何ともツライ事件であった。。。(~ヘ~;)
[PR]
by tomahawk_attack | 2007-11-14 22:29 | 気になるニュース | Comments(2)

マサカリ妻。。。

13日午前2時ごろ、群馬県高崎市乗附町、会社員小林繁夫さん(55)から、「自宅で女房に刺された」と119番通報があった。
 高崎署員らが駆けつけたところ、繁夫さんが2階の寝室で首から血を流して倒れており、近くにまき割り用のおの(長さ86センチ、刃渡り7センチ)が落ちていた。自宅にいた妻のパート従業員正代容疑者(51)が「夫が寝ているところを、おので切った。殺そうと思ってやった」と認めたため、同署は正代容疑者を殺人未遂の現行犯で逮捕した。
 繁夫さんは病院に運ばれたが約1時間後に死亡した。同署は殺人容疑に切り替えて調べている。 調べに対し、正代容疑者は「以前、『お前を捨ててやる』と言われ、それなら夫を殺して自分も死のうと思った。おのは買ってベッドの下に隠していた」と供述しているという。
【2007年11月13日10時56分 読売新聞】

いやいや。。カミさんに寝首を掻かれたか?。兎角、夫婦間の事は傍からは分かりにくいもの。迂闊な事も言いにくいが、なんとも気の毒な事である。。。(v_v)

ちなみに私が子供の頃に読んだ「やまんば」の話は今でも忘れられない。当時、夜な夜な、不気味な音を立てつつ、包丁研ぎに勤しむ「やまんば」の存在を、どれほど恐ろしく感じたことか?勿論、記事の女性が「やまんば」などではない事は言うまでもないことだが、意識のない就寝中に殺害されたご主人からすれば?あの世で、どのように感じているであろうか。。。

兎も角も、記事によれば、今回は妻である女性が、旦那さんから『お前を捨ててやる』と言われたところから?「殺意」が芽ばえたといわれる。一見、世間では有りがちな話なのだが、昔と違って最近の女性は凄まじく強くおなりになった。まさにジェンダフリーの時代である。「我慢」という二の字は今や過去のもの?・・・。女を甘く見たら?怖いぞ。。。(T_T)

それにしても、この女性は、単に「殺意」を抱いたのみならず、殺害の武器(斧)を調達するなど、より具体的な行動を起こしている。それだけ怒りと憎しみが凄まじかったことが察せられるが、もっと別な解決法を模索すべきであった。。。
[PR]
by tomahawk_attack | 2007-11-13 21:50 | 気になるニュース | Comments(0)

キレイごとだけでは、マンマは食えない。。。

自民党の小泉元首相と二階総務会長、中川秀直、武部勤両元幹事長は8日夜、都内の日本料理屋で会談し、福田首相と小沢民主党代表による連立政権構想などについて意見交換した。 出席者によると、小泉氏は大連立構想が不調に終わったことについて、「残念だった。小沢氏が『やらない』と言っているから、次の衆院選までないだろう。選挙が終われば(再び)出てくる」と語ったという。 小泉氏は首相と小沢氏との会談前から「(大連立は)1分でも早くやった方がいい」と述べていたという。 【2007年11月9日0時57分 読売新聞】

マスコミとしては?政権交代の方が、よりビジュアル的に面白いとして、是が非でも、そうなる様に期待を寄せていると見えるが、そんな彼らの都合で、政治が逐一引っかき回されたら?国民の方が、たまったもんではない。。。(~o~)アァ

そんな嘆きが多く聞かれるなか。流石は小泉さんである。何時もながら視点のポイントをハズす様子はない。考えが実に安定していて、まったく不安感を感じさせないところが素晴らしい。。。

現在の「ねじれ」状態は「国政」の停滞を招き、その事は、国家国民にとって、如何にも不毛であり、且つどれ程に不幸なものであるか。まさに悲しむべき事態である。。。

小泉さんと共に、常に「改革の志」を忘れない中川秀直さんや武部勤さんも、何れ変わらぬ想いに違いない。だが今回の事で、小泉さんの言う通り、少なくとも、当面は小沢さん主導による連立への道は、遠のいたと見るのが妥当である。残念ながら。。。(゚.゚)ノ
[PR]
by tomahawk_attack | 2007-11-10 00:06 | 気になるニュース | Comments(2)

真の憂国の士なら?今こそ決断して頂きたい。。。

民主党の小沢代表は4日夕、党本部で緊急記者会見を行い、自民党との連立政権構想をめぐり、党内を混乱させた責任を取り、鳩山幹事長に辞職願を提出したことを明らかにした。
 小沢氏は記者会見で、「民主党代表としてけじめをつける。党首会談で要請のあった連立政権の樹立をめぐり、政治的混乱が生じたことを受け、代表を辞することを決意し、辞職願を提出し、執行部に進退をゆだねた」と述べた。
 さらに、党首会談で首相が「自衛隊の海外の活動は国連の活動に参加することに限る。連立ができるなら、新テロ特措法案成立にこだわらない」と約束したとしたうえで、「役員会で反対されたのは不信任を受けたのに等しいので、けじめをつける必要があると判断した」と語った。
(2007年11月4日17時11分 読売新聞)

ほほぅ。。辞表提出ですか?流石は小沢さん。。まずは敵ながら「あっぱれ」というところか。。。

瘠せても枯れても小沢さんは、その名を天下に知らしめた南部武士の端くれである。部下に、思いっきりメンツを潰されて、おめおめと「すっ込んでる」男ではないと思ってはいたが、案の定である。。。

小沢さんの頑固さは今更ながら有名である。一度ぶんむくれたら?それこそ誰が何と言おうがテコでも動かぬという。彼を引き止めるには、おそらく民主党の役員全員が丸坊主になってお遍路に出るしか道はない。。。(`_´メ)

自民党の懐は深い。小沢さんが、小泉さんのような、本物の信念の持ち主か?単なる見せ掛けだったのか?彼の下す次なる一手に、その真贋が問われようとしている。。。
[PR]
by tomahawk_attack | 2007-11-04 21:30 | 気になるニュース | Comments(3)

安易な医療裁判は好ましくない。。。

横浜市磯子区の市立脳血管医療センターで03年7月、脳内の血腫を取り除く内視鏡手術を受けた女性(54)が重い意識障害を負った医療事故で、横浜地検は1日にも、業務上過失傷害容疑で書類送検されていた執刀医の脳神経外科副医長ら計4医師を不起訴処分にする方針を固めた。
 神奈川県警の調べでは、副医長らは03年7月28日、内視鏡手術の経験がないのに、センター内の倫理委員会に意見を聞かず、経験者の事前指導や立ち会いなども受けずに手術を実施した。
 県警は、十分な準備をせずに行った手術で女性の脳を傷つけた疑いがあるとして、今年2月23日、4医師を横浜地検に書類送検した。女性の家族によると、女性は現在も寝たきり状態で入院中という。【毎日新聞 2007年11月1日 東京朝刊】

寝たきりになってしまった記事の女性は、大変お気の毒であったと思うが、といって、元より、人は人であって神ではない。この世にミスを起こさない人間など何処にもいないのである。残念ながら医師もまたミスを起こす。そして患者は掛かるべき病院と医師を選ぶことが出来る。まずはその権利を有効に活かすべきである。その上で全てを委ねるべきと考える。。。

今回は内視鏡手術の経験がないにも拘わらず、実施したことを、もっとも問題視されているが、どんなベテラン医師であっても最初の一歩がある。一足飛びにベテランにはなれない。。。

とは言え記事にある『経験者の事前指導や立ち会いなども受けずに手術を実施した』とされる部分には、確かに配慮を欠いていたと指摘されても仕方がない。だがそれを以って直ちに「医療ミス」とは言い切れない・・・要はそういう事だと思う。。。

私的には、被害を被った患者側の気持ちも十分理解できるが、何事も完璧が「当前」のように考えるのは医師に対して失礼である。その理由は「医療」とはそんな甘いものではないと考えるからである。。。

医療を完璧なまでに追い過ぎれば?何れ「行き詰り」が出て来るに違いない。そうなれば、これまで「意欲」に満ちていた優秀な医師たちさえも、訴訟の「リスク」を冒してまで、難しい治療に取り組もうとする意識が萎えてしまうものと考えられる。事実、脳外科や産婦人科医師たちには、リスクの大きさを嫌って減少傾向にあるといわれる。。。

ちなみに一般企業においても、部下を育てる事は、企業の永続性という観点からも命題である。その為に、兎角「若い頃の向こう傷は問わない」として、新人を敢えて萎縮させないように導く考え方がある。何事も「ローマは一日にしてならず」の例え通り、どのような仕事でも、技能の向上に「早道」はないと言われる。失敗を繰り返しながら、優秀なる技能を身に付けて行くのである。それがなかったら?医療技術は、今でも「まじない」の域を出ていないと考えられる。。。

患者も医師に「ミス」を追求するだけでは?あまりに「能」がなさ過ぎると私は考える。しかし「医療ミス」は、患者の生命のみならず、その後の人生をも、大きく左右する事にもなり兼ねない。そこが悩ましいところだが、しかし医師も全力を尽くした以上は、例え、どんな結果であろうとも?医師に対し、感情に任せての一方的な吊るし上げはなかろうと思う。。。

私的には、むしろ患者や、その家族たちの「怒り」や「悲しみ」が、少しでも和らげるような?十分な保険制度が求められているように思われる。本来なら命の重みを「金銭」で購うのも失礼な話だが、已む得ない事もある。。。

クドくなるが、医師とて間違いなく一個の人間である。それは絶対に押さえておくべきだと思う。「キレイ事」だけでは?医師の意欲が萎えるのを抑えることは難しい。その意味で、今回、裁判所の下した「ジャッジ」は、極めて適切且つ良識ある判断と感じられた。。。(゚.゚)ノ
[PR]
by tomahawk_attack | 2007-11-01 23:59 | 気になるニュース | Comments(2)