世の中の不条理に一言、
by tomahawk_attack
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
気になるニュース
雑感
マイライフ
ガーデニング
未分類
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
お気に入りブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2006年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

007も、まっ青な「毒盛り?」に呆れる。。。。

ロシアのガイダル元第一副首相が訪問先のアイルランドで体調を崩し、毒を盛られた疑いが浮上している問題で、アイルランド警察は30日、捜査を開始した。1日付の英タイムズ紙は、ロンドンで死亡した元国家保安委員会(KGB)スパイのアレクサンドル・リトビネンコ氏が体調を崩した11月1日に会ったロシア人がガイダル元副首相の警備員を務めたことがあると報じ、2つの事件の関連性を示唆した。 ガイダル元副首相は24日にダブリン郊外の大学で開かれた著書に関する会議の後に嘔吐(おうと)して倒れ、一時は意識不明になった。リトビネンコ氏は前日の23日にロンドンで体内に入った放射性物質「ポロニウム210」が原因で死亡している。 【日本経済新聞社 NIKKEI NET 更新:2006/12/01 14:01】

本日、封切りになったイアン・フレミング作、マーティン・キャンベル監督の「007。カジノロワイヤル」を見て来た。ダニエル・クレイグ氏の演ずる6代目ボンドは、これまでの「007シリーズ」に見るスパイ映画特有の、アクションに、華やかさとエロスを織り混せた娯楽性溢れる役柄から?今回は、一転して「硬派」のイメージが強い役柄に仕上げられていた(私的には、ロジャアムーアが好きだったが)。。。

スパイといえば?かって米ソ冷戦時代は、国家間のプライドと覇権を賭けて、裏の舞台での壮絶なる「バトル」が繰り広げられていたとされる。しかし冷戦が終結した現代では、彼らの役割も様変わりしつつあるようだ。その一つには、与えられるミッションが「テロリスト」との戦いに移りつつあるらしい。更には、軍事転用可能な最先端技術を持つ各国の企業から、極秘裏に技術を盗み出す「産業スパイ」的な任務になりつつあるとの指摘もある。。。

そんな中、今回、イギリスに亡命中に、何者かに「毒殺されたのではないか?」との疑惑がもたれている元ロシア連邦保安局(FSB)のリトビネンコ氏の生前の動向から、知られざるロシアの諜報局が深く拘わっている可能性が疑われている。それゆえKGB出身のプーチン大統領の「危なっかしさ」が、なんとも気にかかるところである。。。

だがイギリスは、この事件を、極めて慎重に捜査している様である。どの報道を見ても?プーチン政権との直接的な「拘わり」の言及を控えている。思えばイギリスにも「007」で有名になった「MI6」なる諜報局が存在する。おそらくは「お互い様」の事として?深く突っ込める立場に無いのかもしれない。ことによると?表向きとは別に、既に当局同士で片目をつぶり合っている可能性もある。ともあれ普段、私達が映画でしか目にする事が出来ない「諜報部員」たちの知られざる生態が、事件を通して、垣間見れた事は、良くも悪くも興味深き事であり、驚きを隠せない。。。

それにしても「邪魔者は消せ」的な「やり方」は、あの北朝鮮や、マフィアの「やり方」となんら変わらないと言える。しかも?昨今のプーチン政権は、彼が就任した当時から比べると?随分と傲慢な姿勢に変わっているのが?少々気にかかるところだ(日本とのガス田開発。相次ぐ漁船の拿捕etcを見ても)。。。

おそらく大体の方々は「プーチン」より、「ゴルビー」に好感を寄せているのではないだろうか?しかも個人的には、プーチン大統領の?あのKGB仕込みの?「猜疑心」旺盛な「目付き」には些か好感が持てないが、日本の「外交スタンス」としては?例えプーチンがどうであれ?ロシアとは、中国以上に、密接に付き合うべき存在と考えられる。それゆえ両国の関係改善が「急がれている」事には、まったくの無論である。その意味で、有り得ない事とは思いつつも?私的には、愛すべき、あの「ゴルビー」の復権を、是非とも期待したいところである。。。。
[PR]
by tomahawk_attack | 2006-12-02 00:02 | 気になるニュース