世の中の不条理に一言、
by tomahawk_attack
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
気になるニュース
雑感
マイライフ
ガーデニング
未分類
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
お気に入りブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:雑感( 25 )

自然災害。。

c0074332_1019411.jpg

昨日も朝から猛烈な暑さ、、、、(+_+。)

それでも某テレビ局の天気予報士の見解では、今年は例年よりも残暑が短い見通しだとのこと。。

9月に入ると急速に秋らしくなるとのことでありまして、既に夏の終わりが始まっているのだそうです。。

その主な根拠としているのが「太平洋で未だエルニーニョが起きてない」というものでして、、、、

私など素人には、「ホントかねぇ」、という感じは持ってます。。

まっ、長期予報に精度を求めること自体、、、そもそも酷な話ではありますが、、、、

それにしても昨日今日のアッチッチは半端じゃ有りませんです。関東南部は炎上してますね。。

そんなおりしも、、、

昨日未明に起きた広島県での大規模土砂災害、、、、お気の毒ですねぇ。。

詳細が伝わって来るにつれ被害の甚大さがより鮮明になって来ました。。

被災された方々に心よりのお見舞いを申し上げると共に、お亡くなりになられた方々に対し心よりのご冥福をお祈りします。。

未明に起きた大災害に「不運だった」と片付ける訳にも行きませんが、、、ハッキリ言って「どうしょもない」ですよねぇ。同じころ私は爆睡してました。。(ーー;)

実はその前に起きた「福知山豪雨」の時もそうでしたが、今や世界中で大規模な自然破壊が公然と行われ、大陸の奥く深くまで都市化の波が押し寄せている現状を考えれば、こうした異常気象も無理からぬところと察せられます。。

局所的に降る未曾有の豪雨を前にして、「人の力とはかくも無力なのか」、ということを今更ながら知らされます。。

といって、、、、

なん人であっても、「幸せになる権利」は等しくありますから、どれほど我優先で自然破壊を続ける国であっても?直ちに「止めろ」と命令したり勧告するのは酷な話ですし、彼ら自身が自ら覚醒するのを待つ以外に道はありません。。

まぁこれまでは、或る意味、恵まれたロケーションにいた日本ではありましたが、、、

これから先は?過酷な時代になることも覚悟せねばなりませんかねぇ。残念ながら、、、、

過去1000年もの間、緩やかに保たれて来た地球環境が、ここ10年、20年の間に一気に塗り替えられようとしている感じです。あまりの急激さにどの国も対応が追い付いていません。。

そもそも、国土の八割近くが「山」という日本です。。

それ故に、これまで「多くの自然が残されて来た」という事実がある反面、、、、

人が安全に住める平地が、「ごく僅か」、という現状も、、、、

私見ではありますが、、、、

今日のように毎年発生する大規模災害と、それに伴う莫大な復興予算を考えれば、、、、

私は都市部の高層化を促進させ、政策により人口移転を加速させた方が、遥かに予算の無駄が省けると思いますし、それに伴う経済効果も連動して期待出来るように思われるところです。。

ただそうはいっても、、、言うは易し、行うは難し、、、、

生まれ育った地というのは?、、、、

誰しも皆、特別な「思い入れ」や、「愛着」がありますからねぇ。。

ダムの開発で湖底に沈むと分かった住人らに転居を促すのと同じで、かなりのハードルです。。Θ_Θ

ただ、、、今の気象状況を踏まえれば、、、

こうした災害は、この先もズッと続くでありましょうし、、、、

逃れられる見通しは、、、全くといって良いほどありません。。(+_+。)

と、考えれば、、、

どの道、いずれは「やらざるを得ない」決断であり、、、

決断を受け入れ易いように、政府としても危険な地域に住む方々への根気良い説得と、弛まぬケアを続けて行く中で、この国の住環境の在り方を少しずつ見直してゆく他はありませんね。。(v_v)
[PR]
by tomahawk_attack | 2014-08-21 10:18 | 雑感

TPP加盟は百害あって一利なし。。

先ごろ、10月20日のNHKで京都大学の中野教授によるTPP加盟の是非論が放送されたようですが、見損なってた私でした。。

でも便利な時代になりまして、Youtubeで、その模様を詳しく見ることが出来ます。。^^

それがこちらです。見損なった方も、是非ご一緒に、ご覧になられては如何でしょう・・・

目からウロコですよ。。

http://www.youtube.com/watch?v=8G29qFqId2w&feature=player_embedded

という訳で、まさに中野教授が仰る通りで、私としてもその意見に全面賛成致しております。。

てゆうか・・・もとより私も同じような主張を続けて来ましたので、TPP加盟により、日本の農業が大打撃を受けるのみならず、期待されている工業生産にしても、メリットが殆どないということは・・・今でも些かも変わっていません。。

加盟となれば、デメリットの方が・・・遥かにキツイかもしれません。。

安い輸入品に後押しされるなどして、国内企業は製品価格の「連れ安」に向かわざるを得ず、コストカッターに迫られ、ますます赤字が孕むこととは必定です。。

それを補うために、企業は更なる「人件費カット」や「賃金カット」に向かうことになりましょうから、当然、国家税収も落ちる流れは避けられません。。

それにより溢れ出た新たな失業者により、社会保障費は反比例的に増大し続けることでありましょう。。

さもなくば、一気に現地生産へと加速せざるを得ません。。

でありますが・・・この流れ・・・おそらくながら加盟しても、しなくても同じだろうとと考えられまして、TPPに加盟しても、それにより良いことになるなどは・・・まず有り得ません。。

仮に、もしも有るとすれば、・・・消費者物価が下がりますので、サービス産業は一時的に潤うことになるかもしれません。それ故、加盟を歓迎してるかもしれませんね。それは有り得ます。。

しかし、それはブーメランの如く、やがては自分らの給与や生活などに、いずれ跳ね返って来ますから、あんまり浮かれ過ぎていると、いつか足元から掬われることになると思いますね。。

一端、「タコが自分の足を食い出したら、途中で止められませんし、それが元でやがては衰弱に向かってしまう」・・・という「タコ足」の例えの如く・・・「TPP加盟」は、あまりに危険な要素を多分に孕んでいると言えます。。

民主党は、有りもしない「埋蔵金」に続いて、またしてもTPPの効能だけを過大にピックアップし、またしても新たな「毛バリ」で国民を釣ろうというのでしょうか?・・・・

デフレで困ってる日本が、更にまたデフレを輸入するような誤った政策を打って?・・・「いったいどうする気だ」・・・と言いたくなります。。

みなさんは、これをどうお感じでありましょうか・・・野田や前原らの言動を見ていると、私には「完璧に頭が狂い出した」・・・としか思えないでいるのです。。

白昼夢に踊ってはいけません。またしても、梯子を外されますよ。。

ちなみに、昨日発表された総務省の2010年10月実施の国勢調査の確定値・・・・

それによると日本人の人口は1億2535万8854人ということでありまして、前回調査に比べ37万人も減少した・・・ということであります。これは初のことらしいです。。

更に「国連人口基金」によりますれば、今月にも世界の人口は70億人を超え、その13年後には、80億人まで達する見通し・・・とか?いわれます。。

さらに50年後には、ついに90億を超えるという試算もあるとされ、その先は100億人超え?・・・と続きます。。

とまぁ、そんな訳でありまして、日本は人口減少に転じている訳でありますが、世界は、その流れとは逆に・・・人口の爆発へと向かっている・・・ということであります。。

世の中は今、こういう流れになっておる訳でありまして、これを他人事のように思っていてはいけないのです。。

増え過ぎたネズミは、自らの遺伝子に組み込まれた種の保存本能により、或る日、水の中に集団自殺すると言われております。人間だって他人ごとではないと見た方が良いのではないでしょうか・・・

地球が養える人口には「自ずと限りがある」・・・と考えるのが如何にも自然であり、私は正しいことだと思います。。

好評のうちに終わったテレ朝の「池上解説」・・・私も良く見ていたクチだったが、そのなかで池上さんが解説していた世界の農地が争奪戦にあるという件・・・皆さんは今も覚えてお出でだろうか、・・・

ご覧になっておられない方は、何のことか分からないと思うが、世界では、今、将来における自国民の食糧確保のための農地の争奪戦が始まっている・・・という話。。

狙われているのが・・・アフリカや中東地域とされ、そこに中国や韓国、インドといわれる国々が農地確保の為の激しい争奪戦を繰り広げているという内容だった。・・・ご覧になった皆さんは覚えてお出でかもしれない。。

その理由に上げられたのが、地球上に限られた量しかない貴重な「淡水」の存在・・・

これが足りないという事らしい。。

そんな中、今年の二月、私たち日本人にとっては衝撃の知らせが走った。。

予期していたこととはいえ、1968年以来、実に40年以上も守り続けたGDP世界第二位の座を、ついに中国に譲り渡したというニュース。。

悲しい出来事でありましたが、日本は、目下、世界第三位にあります。。

(もっとも外貨準備という点では、とっくに中国に抜かれていましたが・・・・)

まっ、それはさて置くとして、・・・そんな日本ではありますが、この先を考えると世界第三位はおろか、BRICs(ブリックス)などにより、世界第20位以下にまで落ちる・・・という驚く予測もあったりしまして・・・

この先も日本が、世界の中の経済大国として居続けられるなどの保証は、まるで、まるで、ありません。。(T。T)

何時までもあると思うな・・・「親と金」・・・まさにそういうことであります。。

この先も、安定して食料を買い続けられる保証なんて全くない・・・そのことに誰も保証など出来ません。。

その証拠に、既にマグロを始めとする各種産物の買い付けに於いて、日本の商社が新興国とのセリに於いて「買い負け」をしてしまうケースが多々でているとされ、小麦を始めとする世界の穀物市況は・・・今や上昇の一途であります。。

私の知ってるところでも、アーモンドやクルミ、それにバターなども買い負けしているとされています。。

昨年「小麦の値上げ」という洗礼を受けたばかりの日本・・・皆さんは、これもまた「お忘れ」でありましょうか・・・

それにより今年、パンや麺類の原価が高騰し、已むなく価格スライド的にしたメーカーが多く出たところであります。。

みなさん「お忘れ」でありましょうか・・・こういうのは忘れてはいけません。。

世の中の動きは世界経済に直結したものが多いのです。。

ましてやレアアースで中国が見せたように、政策的に食料を出荷止めされたら・・・日本はどうなるのか・・・

空恐ろしき事であります。。

食料も戦略物資として利用される可能性が極めて大でありまして、ここを抑えられたら「レアアース」どころの比ではありません。日本中が蜂の巣を突っついたような大騒ぎとなりましょう。。

世界最大の農産品輸出国アメリカは、今、食料を戦略物資として使う気で戦略を練っています。。

「仲良しこよし」にある日本とて、金を払わねば物は売ってはくれませんし、言うことを聞かねば・・・快く売ってくれるかどうか、考えずとも・・・自明の理であります。。

お互い商売をしている以上、甘い話などは有り得ない・・・と考えた方が無難です。。

先の原発事故の前までは、高級作物としてブランドになりかけていた一部の日本の農作物も、残念ながら、あの日を境に風評被害を受け、今では急速に需要が減っていると言われています。。

青森のリンゴ、ホタテ、アワビ・・・・ニュースでも、しばしばお聞き及びのことと思います。。

TPPを導入して、そこをテコに強気で農作物を輸出したい・・・と考えていた方々も、残念ながら戦略の練り直しは避けられません。今となっては、それは無理だ。。

工業生産にしても、中野教授が仰る通りでありまして、加盟によるメリットは出ず、逆に「自分で自分の首を絞めるが如し」の状況となり兼ねない。私はそう考えています。。

物事を考える際は、何ごとも、上っ面だけでなく、じっくりと「深読み」するクセなり習慣を付けるべきであります。。

「木を見て森を見ず」・・・で行動しては・・・大変なことになってしまう。そのことは常に考えなくてはなりません。。

民主党は、普天間で仕出かした「大ヘマ」を、TPP加盟により一気に帳消しにしたいので有りましょうが、国民の生活を人質に、そんなことは、断じて「冗談よし子さん」である。。。047.gif
[PR]
by tomahawk_attack | 2011-10-27 22:59 | 雑感

税金の季節。。

今年の納付書を見ると、また上がってる。。

面倒くさいから、一括納付してるが、・・・どうなってんのやら・・・やんなっちゃうねぇ。。

おぅ~い、黒岩ぁ~~っ!・・・何とかしてくれぇ~~ぃ!・・・

しかもこの上、・・・更に、消費税の値上げ?・・・となると、もはや冗談の域では済まされない。。

震災前だったらOKしたけど、今ならダメ・・・033.gif

今やれば・・・日本経済が持たない。・・・

暫くは様子を見て、慎重にタイミングを図った方が良い。。

ちなみに、消費税って、・・・コンシューマーばかりが対象じゃないハズ・・・

企業間取引による税の方が、よっぽど多いハズ・・・だから尚更深刻だ。。

しかも新たな税率アップ分は、顧客からは「追加値下げ」としてすり替えられるかもしれない。。

「不当だぁ」・・・と言いたくても、言えないとこもあるのではないか・・・・

中には徴収した税と知りつつも、流用してしまうところもあるかもしれない。。

・・・であるから、このタイミングを選んでの消費税増税は、あまりに無茶・・・

勿論、将来的には、上げざるを得ないのは良く承知しているが・・・少なくとも今はその時ではない・・・

それよりも、無駄な歳出を減らすことを、徹底してやってもらいたい。。ヽ(`д´;)ノ

そもそも民主党は無駄をカットすれば増税の必要は無いと豪語して来た政党である。。

まずは、それを有言実行でやってもらいたい。。

その為には、まず政治家自らが、真っ先に身を切る覚悟を示さないと、官僚らは、まともに取り合わないと思う。。

官僚に身を切る覚悟を迫る為にも、政治家自身が率先垂範で歳出削減を示さねばならない。。

その為には、一人一人の歳出を減らすしかないし、出来ないなら定数を削減するだけだ。。

幸い、最高裁判断という強い後押しもある訳だから、これをテコに、一気に削減を進めてもらいたい。。

厳しい選択ではあるが、こういう時代とあれば、国会議員も、己の腹をくくるなどし、どちらかを、潔く選択すべきである。。

でなきゃ、・・・国民に増税を?・・・なんて、言えるハズがない。。。015.gif
[PR]
by tomahawk_attack | 2011-06-10 22:33 | 雑感

自衛隊の皆さんに感謝。。

c0074332_22471031.jpg

7日の産経新聞の写真ニュースを見ていたら、被災者に暖かい食べ物を提供し、自らは冷たい缶詰で頑張る自衛隊員の姿を載せていた。。

任務とはいえ、献身的姿勢で臨む隊員の姿に自然と涙が出て来る。。
有り難いと思った。。

民主党には、自衛隊のことを「暴力装置」と吐き捨てた閣僚がいたが、今の彼らを見ても同じ気持ちだろうか・・・

あの人には、早く丸坊主になってもらいたい!・・・
[PR]
by tomahawk_attack | 2011-03-28 22:47 | 雑感

元気な日本になぁ~れ~!・・・・

今年も春の選抜高校野球が始まった。開催には、賛否両論と言われたが、こういう時だからこそ、選手の元気のいいプレーで、日本を勇気づけるべきだ・・・という結論に至ったのだと思う。。

宣誓の任を受けた創志学園(岡山)の野山慎介主将が・・・「人は仲間に支えられることで、大きな困難を乗り越えられると信じております。」・・・と力強く語った。。

私も、それを聞いて、思わず胸が熱くなってしまった。おそらく同じ思いをされた方も多かったろう。。

今は、日本人の一人一人が、「チーム日本」のプレーヤーである。。035.gif

私は、不平等極まりない民主党のバラマキ政策に激しく反対して来たし、これからも断固反対し続けるが、その一方で、今回、被災された方々のように、自らは何の落ち度もなく生活していた中で、天災により突然、成す術もなく家や家族を失われてしまわれたのは、無常という他はない。。

彼らのような方を「お気の毒」と言わずして、何を「お気の毒」というべきだろう・・・

こういう方々こそ、国家が救わずして、誰を救うのか・・・と、力説したい。。

私も及ばずながら、僅かばかりの義援金をお出し、お役立て頂くようお送りした。。

日本は、古来より『神風』の吹く国である。。

目下、未曾有の国難に晒されているが、・・・RISING SUN・・・いずれ必ずや、神が私たちをお救い下さいます。。

被災者の皆さんも、それをを信じて、最後まで心を折ることなく、頑張りましょう!・・・
日本は必ず復活します。。。066.gif
[PR]
by tomahawk_attack | 2011-03-24 16:43 | 雑感

政治家はTPP加盟を拙速に流行るな!・・・

TPP加盟では、国内の農業が主に取りざたされますがますが、TPPって?・・・ハッキリ言えば、アメリカの意向が背景にあるんですよね。この方たちの言う通りです。。

私の言いたいことを分かり易く伝える動画ありますので、宜しければ、どうぞご覧ください。。

http://www.youtube.com/watch?v=RlyluxDfjMo&feature=player_embedded

民主党は鳩山政権時代、宇宙人総理の元、普天間の件でアメリカと距離を置こうとしまして、外交的に「大ヘマ」をやらかしました。。

その結果が、やがて尖閣の問題に繋がって来る訳ですが、その時の失敗を受けて、その後の菅内閣は、いきなり大転換します。一転して「親米路線」です。あの鳩山・小沢の「親中反米」路線は?何処行ったのか?という印象です。正に、いきなりの大転換。。

そして一転し、今回はアメリカの希望するTPP加盟に同調を図り、これまでの「大ヘマ」を一気に帳消しにしようという腹と見えます。まったく以て節操のない情けないヤツらだと思います。売国奴と言っても過言ではないかもしれません。。

そんな民主党の事情は、取り合えず脇に置くとしましても、そもそも日本がTPPに加盟しようが、しまいが、それにより「関税障壁」は取り除かれても、人件費まではフラットにならない訳ですよ。。
つまり、コスト競争に置いて引き続き、国内企業が海外との企業との間にハンデを負うということです。そこを分かってない人が、未だに多いと見えます。。

YouTubeの「西部邁ゼミナール」じゃないですけど、環太平洋で考えて巨大なマーケットを持つ国といえば、日本と中国とアメリカぐらいしかありませ ん。あとの国は、申し訳ないけど、取るに足らないパーセントの国々です。これは事実ですので、是非とも押さえておく必要があります。。

だから経済再建に苦しむアメリカが、日本のマーケットを狙い撃ちにしているのは間違いないところです。要するに輸出で利鞘を稼ごうという腹です。。

ご承知のこととは思いますけど、車業界に限らず、一部上場している日本の大手グローバル企業の殆どは、既に為替リスクを避けて現地生産に切り替えてます。だから関税障壁の撤廃がなされずとも、もともと関係ないのですよ。。

関係があるとすれば、おそらくは日本国内の流通業界が中心になると思われます。。

だからこそ、TPPは、アメリカが望んでいるものであると・・・そこを頭に入れて判断する必要があります。菅総理は、アメリカに「エエ恰好」することで、これまでの「ヘマ」を帳消しにしようとしたいのでしょうが、トンデモナイことです。。

日本にとってTPPが導入されるとどうなるか、・・・昨年の11月7日と、今年の2月11日の当プログにも詳しく書きましたから、それらを取りまとめ、ここではそれらを補足の上、TPPについての反対意見を再編集してみました。。

改めて言うまでもなく、TPP加盟となれば「関税障壁」が取り払われるのですから、デフレは今より促進となるは明白です。。

それにより国内物価が下がる訳ですから、国内で生産を続ける中小企業の製品も、安い輸入品により、いずれ「連れ安」にならざるを得ません。。

それにより「コスト割れ」が更に加速することとなり、一段と人件費削減に踏み込まねば・・・潰れる企業も続出する流れが見えます。。

かくして会社員の給与はドンドン下がります。国民生活はますます苦しくなり、国家の税収入もまた急降下です。社会保障費も増大する流れとなります。。

そうなって来ると、経済学で学ぶ最も怖いもの、・・・即ち、不況下のインフレ『スタグフレーション』に見舞われる危険が出て来ます。。

私は、もともとデフレの先には、インフレが有り得ると考えていましたが、・・・であったとしても「スタグフレーション」では話になりません。これに見舞われたら国民生活は、いよいよ苦境へと真っ逆さまです。。

そうならない内に、何としても手を打たねばなりません。しかし今の民主党政府では・・・残念ながら「逆立ち」しても無理です。。

先日、政府が発表した国別のGDPにおいて、日本は43年間守り続けた 世界第2位の座を中国に譲り、第3位へと後退しました。悲しい知らせでした。皆さんも、ご記憶に新しいところと思います。。

しかし20年後に至っては、実はもっと深刻な状況が予想されています。世にいうBRICs、ネクスト11などの激しい攻勢を受け、日本は3位はおろか、世界17位に後退している試算もあるくらいです。。

今でさえ、マグロなどの水産資源、鉄や銅といった天然資源の買い付けに、市場でセリ負けする事態も起きているとされ、仮に先の試算の展開なれば、益々安定輸入は困難となります。。

国力の低下が進む中、この先も安定して食材を輸入できる保証など有りません。。

現在、戦中、戦後に生まれた団塊の世代の間に富裕層が多くいるとされる日本ですが、若い世代には年金や国民健康保険の未納者が多いのです。。

つまり・・・こうした富裕層の世代が亡くなった後には、この国は、たちまち貧乏国に向かうという可能性も “あながち” と考えられます。。

つまり今後の日本を考えたら、国内経済の有り方そのものを真剣に考え直さねばならない・・・そういう時期に来ている気がします。。

「どうあるべきか」は、私にも良く分かりませんが、これからの時代は、少なくとも輸出一辺倒ではダメでしょうね。「内需拡大」が急がれます。。

この点では菅内閣は、正しいことを言ってると私も理解しますが、なんせ彼らは、二枚舌、三枚舌の政治屋集団・・・これまでの行動を見れば、・・・この先も、どこで豹変するか分かりません。「まともに信じろ」という方が無理です。。

ここは野党時代に、彼らが一貫して言って来た通り、早く内閣を解散して、直近の民意を問う・・・というのが「言い出しっぺ」の責任だと思います。。。\_(-_- 彡
[PR]
by tomahawk_attack | 2011-02-18 21:21 | 雑感

目黒の夫婦殺傷事件の報道が止まっている。。

東京の目黒で起きた夫婦殺傷事件・・・各紙、各局の続報が、このところ「ピタッ」と止まってる。。

捜査が暗礁に乗り上げているのか・・・

あれだけ目撃者が多く、証拠品も揃っているというのに・・・

いったい何故、・・・

しかも・・・未だにモンタージュさえ公開していない・・・

これも不可解・・・

背後に何があるのか知らないが、少しグズ過ぎやしまいか・・・

世田谷の事件の二の舞にならねばいいとの・・・危惧を覚える。。

捜査陣に・・・今少しの奮起を求めたい。。。\_(-_- 彡
[PR]
by tomahawk_attack | 2011-01-31 20:46 | 雑感

スターバックスのロゴマークが変わるらしい。。

c0074332_18244442.jpg


スタバの愛称でお馴染の「スターバックスコーヒー」・・・そのスタバが近く自社の「ロゴマーク」を変えるという。。

現在のロゴは、ご覧の通り、社のイメージでもある「王冠かぶった人魚」の周りに、グリーンの帯で「スターバックスコーヒー」の社名が取り巻いている。それが今年の3月以降、取り捲いている社名が外れ、新しい人魚だけのシンプルなロゴマークに変わるらしい。。

もとよりマークで飲みに行く所じゃないから・・・私からすれば、どうでもいい、といったら、どうでもいいのだが・・・兎も角も、最初のうちは若干の違和感を感じそうだ。。

ちなみに「ロゴマーク変更」というと、私などの頭に直ぐに浮かぶのが森永の「エンゼルマーク」・・・、

「エンゼルマーク」は、これまでも、その時々において何度も刷新されて来た。いつもスマートに変更されるので、なんら違和感がなく、自然な形で生活に溶け込んでいる。。

「スターバックスコーヒー」もまた森永の「エンゼルマーク」と同じく、過去に何度となくロゴマークの変更を行っていた。。

ロゴマークの変更に一度でも携わった方なら、おおよそのことが分かると思うが、やって見ると、かなりのコストが伴うものである。言うまでもなく「旧ロゴ」の入ったモノは全て廃棄、全て新しく全て作り直しである。。

私も以前の会社で一度経験しているが、社員の名刺や社名の入った封筒は言うに及ばず、マークの登記の変更に至るまで、ロゴマークの変更にはヤルべき手続きが山ほど出て来る。それらはまた、当然コストアップ要因となる。。

ましてやスタバは世界企業である。日本でも既に900店舗くらいになってるといわれ、世界全体では、その数なんと、16000店を超えると言われる。。

それら全ての店舗の「カップ」や「皿」、「ポスター」の他、各店舗に掲げている「看板」や「オーナメント」などなど・・それら、もろもろ全てを一気に変更することになる訳で、それらに掛かるコストは当然に甚大となって来る。。

利益率の薄いコーヒー業界にあって、この時期、そこまで巨額投資するメリットが、はたして必要なのかどうか?・・・私ら門外漢には残念ながら理解できない。。

確かに日本の場合は「スタバ」人気にあやかろうと・・・スタバに似せたロゴを出す店や商品が、やたら増えていることも事実としてある。。

それにより、スタバ本来の「独自性」が失われつつあるという危機感が有るかもしれないところだが、世界的に考えて見ると?・・・やっぱり、どうなんだろう?・・・という気はして来る。。

加えてファーストフードの雄として名高い「マクドナルド」が、近年、コーヒー事業に深く参入して来た事実も見逃せない。少なからず危機感を募らせるスタバ側が、ここらでシッカリと足固めをし、今後の生き残りに備えたいと考えたとしても不思議はない。。

でも将来的に考えると、世界的な『コーヒー豆の高騰』が行く手に立ちはだかっているだけに・・・はたして、この時期に、それだけのコストを掛けた「効果』 が期待できるものかどうか・・・むしろ体力温存の方がいいのではないか・・・貧乏症の私としては、実に興味深く映った次第。。。\_(-_- 彡
[PR]
by tomahawk_attack | 2011-01-08 18:25 | 雑感

晩秋の候。。

c0074332_13463548.jpg


日中は日が射しているセイか、穏やかな感じも受けますが、夜になるとグンと冷え込むようになりました。。

お日さまの力って凄いものがありますねぇ。。058.gif

クリスマスにも、早、一ヶ月を切り、これからは年の瀬に向かって真っしぐらです。。
風邪も流行って来ました。。

折しも昨日は11月26日・・・「いい風呂」の日とか?・・・私も少々長湯をしてしまいました。。^^

そんな私ですが、今年はまだインフルの予防接種をしていませんで、遅ればせながら、今日にも受けてこようと思ってます。。

益々寒くなってまいります。・・・どうぞ皆さまもお風邪など引かれませぬように・・・ご自愛くださいませ。。。
[PR]
by tomahawk_attack | 2010-11-27 13:47 | 雑感

夏の終わりとともに消えゆくセミ。。

c0074332_10385588.jpg

ここは我が家から車で10分ぐらいのとこにある某公園です。。

毎日、暑い、暑い・・・というのも少々飽きて来た私ですが、そうは言ってもこの陽気、この先も9月の上旬までは続く気配にあります。。

みなさまも熱中症には、くれぐれもご注意くださいませ!・・・

c0074332_1251982.jpg

さて、その暑さのなか、当公園では、蝉が今を盛りにと鳴いていました。ミンミンゼミ、アブラゼミ、そして、ツクツクホーシの声も・・・

そんな蝉ですが、生涯のうち7年間を土の中で過ごすとされます。そして地上に出て・・僅か一週間で短い生涯を閉じます。。

兎角、苦節何十年といわれる下積みの末、やっと手に入れた管理職。・・しかるに、その活躍できる晴れの舞台は極めて限定的・・・蝉を見ていると、サラリーマン社会の仕組みとも重なって・・・ものの哀れを感じさせます。。

折しも政界では、今や・・菅だの、小沢だの・・と、コップの中の戦いに明け暮れていますが、そんな彼らを見ていると・・蝉と一緒だと気付かされます。。

長きに渡った野党時代を経て、やっと陽の当たる舞台に立った彼らではありましたが・・・・

なかでも、いち早く鳴き出した「鳩山ゼミ」・・・その彼は、鳴くだけ鳴いて、いきなり「ションベン」引っ掛けて逃げて行きました。いやはや、・・やってくれるモンです。。(+_+。)

代わってその後をリリーフした「菅ゼミ」も、当初こそ、大きな声で鳴いてたものの、次第にトーンが下がり始めました。彼もまた、間もなく短い生涯を閉じようとしています。。

代わって鳴き出したのが「小沢ゼミ」です。ちょうど「ヒグラシ」にも似ていて、夏の終わりを惜しむように、・・寂しい声で鳴き始めました。。

そんな「小沢ゼミ」も、蝉の持つ運命には逆らえず、彼もまた、行く夏とともに、その儚い一生を終えようとしています。。(v_v)

そして季節は巡り、また新しい虫たちによる新しいドラマが始まろうとしています。。

蝉のみなさん。お疲れさまでした。・・・また7年後にお会いしましょう。。。\_(-_- 彡
[PR]
by tomahawk_attack | 2010-08-28 10:40 | 雑感